2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。
 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。
 ここでは、やはり寺の名前を盛り込みながら、道中の思い出や札所の印象などをオリジナル御詠歌にして詠んでみた。


【高知県】

 37番岩本寺~38番金剛頂寺~39番延光寺は、札所間距離がとても長く、足摺岬を回るため見どころも多い。
 よって、今回札所は2カ所のみ。
 岬の東側と西側の風景を楽しんでいただきたい。


38番への道(道路標識)
国道56号(黒潮町付近)
「松山まで〇km」という標識をはじめて目にした瞬間。
いまや「201km」という数字に何とも思わなくなっている自分。


38への道(黒潮町伊の岬あたり)



38番への道(民宿みやこ)
この宿で米国人女性サニーさん(50~60歳位か)と出会い、一緒に夕食をとった。
四国遍路は初めてで、できる限りお寺の通夜堂や善根宿を利用し、
旅費を抑えているとのこと。彼女とは今後、出会いと別れを繰り返すことになる。


38番への道()四万十大橋)
四万十大橋
この日は珍しく雨模様だった


38番への道()四万十川)
雨の四万十


39番への道(四万十川)
晴れの四万十(別の日に撮影)


38番への道(伊豆田トンネル)
 四国へんろ最長の伊豆田トンネル(1620m)


伊豆田トンネル2
雨が降っていたので、トンネルがうれしかった


38番への道(真念庵)
番外霊場・真念庵
38番から打ち戻って39番に向かうへんろのために真念上人が建てた。


38番への道(くもも)
親切で話好きの女将がいる
この宿で九州から来たYさんと出会った(後述)


くももの朝日
くももの部屋から朝日を見る
 「今日は晴れるぞ!」
一日前だったら雨の足摺岬になっていた


38番への道(はまぐりの里)
大岐簡易郵便局にて
Yさん(写真)としばらく同行


38番への道(たいきの浜)
大岐(たいき)の浜


38への道(以布利港)
以布利(いぶり)港


38番への道(足摺岬へ0.5キロ)
38番を打って戻ってきたTさん、Kさんと出会う
二人の歩くペースが速い(ソルティが遅い)のでもう会うことはなかろう



38番札所: 蹉陀山 金剛福寺 (さださん こんごうふくじ)


38番
 金剛の 杖の先なる 福の花
 足摺𥔎に 咲きほこる時


御本尊: 三面千手観音菩薩
本歌 : ふだらくや ここは岬の船の竿 とるもすつるも 法のさだ山

コメント: 何日も杖を突いていると、先端が割れ、ささくれが四方に広がって、あたかも花が咲いたかのように見える。これを杖の花と言う。足摺岬に到着する頃は、すでに2回くらい開花して散って、を繰り返していた。この札所に到着したときの達成感は、88番結願時よりも大きかった。境内で出会ったどの遍路の顔にも充実感が漲っていた。

【次の札所まで72.5㌔】

 

38番金剛福寺境内
金剛福寺境内


38番金剛福寺境内2



足摺岬(御崎の階段)
足摺岬は切り立った崖の上を道路が走っている
階段で海面まで下りる


足摺岬(白山洞門)
白山洞門
花崗岩の壁に穿たれた高さ16m、幅17mの穴


足摺岬(白山洞門2)



足摺岬(海と岸壁)



足摺岬(四国最南端)

足摺岬(灯台)



朝焼けの足摺の町
出立の朝。足摺の町をふりかえる(国道321号)


39番への道(へんろ札)
岬の西側に回り込む。
多くのへんろは38番を打った後、来た道を引き返し、
内陸(真念庵)を通って39番へと向かう。
ソルティは海岸沿いに、叶崎・月山神社・大月町を経由するロングコースをとった。
(下記地図参照)


39番への道(ジョン万次郎1)
ジョン万次郎(1827-1898)の生家
仲ノ浜村(現・土佐清水市中浜)の貧しい漁師の家に生まれた


39番への道(ジョン万次郎2)
コロナ禍の今こそ、ジョンマン・スピリットを!


39番への道(竜串海岸5)
グラスボート上より竜串海岸を望む


39番への道(竜串海岸1)
見残海岸の奇岩
四国じゅうを巡り歩いた弘法大師もここだけは見残したという


39番への道(竜串海岸2)



39番への道(竜串海岸3)



39番への道(足摺サニーロ-ド)
足摺サニーロード
と言っても車はほとんど通らない


39番への道(叶崎)
貝の川トンネル付近


39番への道(叶崎1)
大津大橋


叶崎の祭り2
叶崎にて
地域の観音さんの祭りの日にあたっていた
お堂に上がって拝ませてもらう
(おまんじゅうとリンゴジュースの接待あり)


叶崎
叶崎の休憩所より岬を振り返る
灯台が小さく見える


39番への道(叶崎2)
ダイナミックな景観が続く


39番への道(大月うろこ雲)
空もまたダイナミック


39番への道(大月大浦)
月山神社ふもとの大浦町


39番への道(月山神社励まし札)
月山神社への山道に吊るされた可愛いメッセージ


39番への道(大月月山神社)


39番への道(大月月山神社3)


39番への道(大月月山神社2)
ご神体


月山神社後朱印
この御朱印は貴重


39番への道(鬱蒼としたへんろみち)
このあたりは秘境といった風情


39番への道(姫ノ井)
やっと国道に戻った(大月町・姫の井)
西部劇に出てくる廃れた町のようだった


39番への道(姫ノ井の不動産広告)
6部屋で家賃3万円


39番への道(コスモス畑)
大月町自慢のコスモス畑
この近くで快適な宿を見つけた


39番への道(カフェ2)
おしゃれなカフェで一服


39番への道(カフェ)


39番への道(整然とした畑)


39番への道(宿毛1)
高知県最後の町、宿毛(すくも)が見えてきた


39番への道(宿毛2)
土佐くろしお鉄道・東宿毛駅から宿毛市を見る
39番延光寺はここから内戻りとなる



39番札所: 赤亀山 延光寺 (しゃっきざん えんこうじ)

39番


 いくたびの 出会い不思議な 延光寺
 我はあちらに 彼はこちらに


御本尊: 薬師如来
本歌 : 南無薬師 病悉除(しつじょ)の願こめて 詣るわが身を 助けましませ

コメント: 幾度となく出会う遍路がいた。九州から来た定年退社したばかりのYさん。足摺岬の手前の宿の夕食の席で出会い、翌日しばらく一緒に歩き、休憩所で別れた。その日の夕方、足摺岬の遊歩道で会った。翌日、岬を回ったところにある土佐清水の町中のスーパーで会った。そこからは別々のルートを行くことになった。さすがにもう会わないかなと思っていたら、延光寺への一本道で向こうからやって来るのが見えた。出会うたびに世俗の垢が抜けて、行者らしくなっていく。きっと、こちらもそう思われている。もっと突っ込んだ話がしたかったな。

【次の札所まで27.0㌔】


39番延光寺山門
延光寺山門


39番延光寺亀
赤亀が竜宮城からこの寺の鐘を背負ってきたという伝説がある


39番延光寺夕暮れ
宿毛へ戻る一本道
明日は一日オフだ!温泉だ!



四国の白地図第8回

CraftMAPの白地図を使用しています。より詳しい四国地図を見たい方は、こちら(地図蔵)を参照ください。  



次回予告!
愛媛県に入ります‼