2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。
 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。
 ここでは、やはり寺の名前を盛り込みながら、道中の思い出や札所の印象などをオリジナル御詠歌にして詠んでみた。


【愛媛県】


 64番札所: 石鎚山 前神寺 (いしづちさん まえがみじ)

64番
 名にし負う 神の山なる 石鎚の
 前に控える 修験の寺よ
 

御本尊: 阿弥陀如来
本歌 : 前は神 うしろは仏 極楽の よろずの罪を くだくいしづち
コメント: 修験道の祖、役小角が開基したと伝えられる。四国遍路には名前に「神」の字がつくお寺が3つある。64番のほかに、27番神峯寺、68番神恵院(別格17番神野寺入れると4つ)。むろん神仏習合のなごりだが、よく考えてみるとけったいな話である。キリスト教の教会に「アッラーなんとか」って名がついているようなものだ。仏教で神道で修験道・・・・。日本文化のユニークさ、節操のなさ。
【次の札所まで27.4㌔】


64番前神寺本堂
本堂
青い銅板屋根が美しい


遍路ハウス横屋
お遍路ハウス・横屋
管理人さんにカミーノ(サンティアゴ巡礼)の話を聞いた夜。
いつか自分も行けるといいな~(ってまさに節操のない)。


新居浜市関の戸(松山自動車道)
新居浜市関の戸付近
山間を松山自動車道が走る



別格12番札所: 摩尼山 延命寺(まにざん えんめいじ) 

別格12番
 伊予もまた いよよ終わりに近づいて
 道の延命 願うころかな

ご本尊: 延命地蔵菩薩
本歌 : 千代かけて 誓いの松の ほとりこそ なほありがたき 法の道かな
コメント: 寺の起こりのいわれとなったいざり松の祀られた庭園でサニーさんと再会、昼食をともにした。もうすぐ愛媛も終わり。結願を心待ちにする一方、さびしさが湧いてきた。「いつまでも続いてほしいね」 サニーさんと意見が合った。携帯電話を持っていない彼女の代わりに、この先の宿の予約をとってあげる。彼女も別格打ちしているので、しばらく同じ宿に泊まることにした。基本、歩きは別である。
【次の札所まで17.8㌔】


別格12番延命寺1
山門


別格12番延命寺いざり松


別格12番延命寺いざり松2
寺の縁起によると
弘法大師が寺の松の下に一人のイザリ(歩けない者)がいるのを見て憐み、
霊符をさずけたところ、たちまち全快した。イザリは大師のもと出家した。


65への道(県道)
この辺りは国道11号(上画像)と県道126号(へんろ道)が並行している


65への道(へんろ道)
へんろ道はやや遠回りになるのだが、やっぱり味わいがある。


伊予三島駅そばのスーパー
JR 伊予三島駅近くのスーパーで夕食を買う
大きな町である


65への道(伊予三島遠景2)
翌朝、65番三角寺へ向かう山道より伊予三島を見下ろす


65への道(山道)



65番札所: 由霊山 三角寺 (ゆれいざん さんかくじ)

65番 
 三角を 描いて巡る へんろ路に
 入りぬ刹那の 名残りの桜

御本尊: 十一面観音菩薩
本歌 : おそろしや 三つの角にも入るならば 心をまろく 慈悲を念ぜよ
コメント: ここから別格打ちにとって最大の難所がスタート。三角寺から780mの地蔵峠を越えて別格13番に、山麓を回って本道に戻り別格14番に、県境を越え徳島県箸蔵山(540m)にある別格15番に、そこから遍路最高峰910mの雲辺寺に登り、香川県に下る。88の本道を逸れる三角形を2つ描きながらの山登りが3つ。境内の散り際の四季桜がきれいだったな。
【次の札所まで4.1㌔】


65番三角寺石段


65番三角寺境内
境内


65番三角寺(季節桜)
四季桜
4月上旬と10月下旬の年2回開花する


仙龍寺への道(入口)
別格13番仙龍寺へ向かう山道入口


仙龍寺への道1


仙龍寺への道2(馬場の桜)
馬場の桜(エドヒガン)
高さ20.4m、樹齢推定200年
春に別格打ちする歩き遍路だけが開花を見ることができる


仙龍寺への道3(清滝)
清滝
まごうかたなきパワースポット


別格13番仙龍寺1



別格13番札所: 金光山 仙龍寺(こんごうさん せんりゅうじ) 

13番
 仙山の もみじの波を かき分けて
 龍の棲みたる 洞を見るかな 

ご本尊: 弘法大師
本歌  : 極楽は 他にはあらぬ この寺に 御法の声を きくぞうれしき
コメント: 宮崎駿の『千と千尋の神隠し』に出てくる「油屋」を思わせる古式ゆかしいつくり(道後温泉本館と同じ様式)。今を盛りの赤や黄色の紅葉に囲まれ、主人公の少女・千尋同様、異界にタイムスリップしたような心地。上流の滝から続く清流が本堂の床下を流れ、渓谷をなしているのも驚き。もっとも良かった札所の一つである。
【次の札所まで9.2㌔】



別格13番仙龍寺2
昭和9年10月竣工


別格13番仙龍寺3
金田一耕助のミステリー映画に出てきそうな雰囲気である


別格13番仙龍寺5


別格13番仙龍寺4
本堂の真下を滝が流れ、渓谷に注ぐ


遍路ハウス毛利荘
遍路ハウス・毛利荘
管理人さんは高校の元英語教師で、たいへんマメな方。
使っていない生家の跡地を利用したとのこと。
清潔で、なんでも揃っていて、居心地のいい宿だった。
このあたりは宿が少ないのでありがたかった。(サニーさんと同宿)



別格14番札所: 椿堂(つばきどう)

14番
 常福と 非核を願い 石像の
 前をめくれば つばきゴックン 

ご本尊: 延命地蔵菩薩 非核不動尊 
本歌 : 立ち寄りて 椿の寺に やすみつつ 祈りをかけて 弥陀をたのめよ
コメント: 邦治山常福寺の号をもつ。弘法大師が当地に流行る病いの退散を祈り、土に杖をさすと、そこから椿が育ったという。本尊の大聖不動尊は、核兵器廃絶を願って非核不動尊と呼ばれている。ここは何と言っても、境内の片すみにある道祖神が見物。前たれで隠してあるので、気づかない人も多いだろう。この日は一日サニーさんと楽しく歩いた。
【次の札所まで24.0㌔】


別格14番椿堂山門
山門


別格14番椿堂(サニーさん)
一つ一つのお堂に線香を上げ、心を込めて祈るサニーさん


別格14番椿堂(福の神2)


別格14番椿堂(福の神3)


別格14番椿堂(福の神1)


境目トンネル855m
その名も境目トンネル(855m)を抜けて徳島県へ



【徳島県】


境宮神社
その名も境宮神社で昼食休憩


白地温泉1
白地温泉で日帰り入浴、いい湯だった~
この旅館は『放浪記』で知られる作家・林芙美子が執筆した宿
当地の山紫水明を愛したという


旅人宿
三好市池田町の吉野川沿いの宿
親切なオーナーの世話になった


別格15番への道(朝の吉野川)
別格15番への道は吉野川沿いを歩く


別格15番への道(四国中央波橋)
四国中央橋を渡る



別格15番札所: 宝珠山 箸蔵寺(ほうじゅさん はしくらじ)

15番
 伊予終えて 阿波のはしまで 戻り来て
 くらぶものなき 善根の宿

ご本尊: 金毘羅大権現
本歌 : いその神 ふりにし世より 今もなほ 箸運ぶてふ ことの尊き
コメント: この札所は徳島県三好市に位置する。甲子園で有名な池田高校の地元。山間を深緑の吉野川が流れる風光明媚な町だった。箸蔵山(540m)の頂にある札所は、空気が澄み、紅葉も景色も素晴らしかった。下りはロープウェイを使った。その後、サニーさんと一緒に、宿のオーナーの運転で、大歩危・小歩危や祖谷のかずら橋に遊んだ。脱サラして宿を始めたという。夏場は世界中から来るラフティング客で賑わい、宿は目まぐるしい忙しさだそうだ。
【次の札所まで19.1㌔】


別格15番箸蔵寺(山門)
山門


別格15番箸蔵寺本堂
本堂


別格15番箸蔵寺(境内)
護摩殿前の広場


別格15番箸蔵寺(十二支彫刻)
境内のあちこちにある彫刻が見物。
護摩殿と本堂の欄間には干支が彫られているが、
護摩殿のほうは十支で終わっている(戌と亥がいない)。
スペースが足りなかったらしい。
(画像はウサギ)



別格15番箸蔵寺(とら彫刻)


別格15番箸蔵寺(紅葉)


大歩危
大歩危小歩危にドライブ
まさかここに来られるとは思わなかった
なんという因縁


そやのかづら橋
祖谷のかずら橋
サルナシ(しらくちかずら)などの葛類を使っている
長さ45m、幅2m、谷からの高さ14m
揺れる、揺れる


旅人宿の朝焼け
宿のバルコニーから見た日の出前の吉野川
さあ、今日は遍路最高峰、雲辺寺だ



四国の白地図第14回

CraftMAPの白地図を使用しています。より詳しい四国地図を見たい方は、こちら(地図蔵)を参照ください。  




次回予告
香川県に入ります