2015年オーストラリア
90分

 小粋なタイトルと『デタッチメント 優しい無関心』のエイドリアン・ブロディ主演に惹かれてレンタルした。
 原題 Backtrack は「後戻り」の意。映画の内容からして「過去に戻れ」ということだろう。

 タイトルからして、エイドリアン扮するドクターが、依頼者の霊的トラブルを持ち前の霊能力をもって解決するオカルト・ファンタスティック・コメディみたいなのを期待したのだが、見事裏切られた。
 かなり暗くて重くて陰惨な、純然たる(?)オカルトホラー&ミステリーであった。
 出来は可もなく不可もなく。

 話が暗いのはともかく、画面が終始暗いのが苛立たしい。
 老眼のためか、暗い画面が見づらくて仕方ない。
 夜の森のシーンなど暗くてあたりまえのシーンは仕方ないものの、それ以外のシーンで光を入れてメリハリをつけてほしいものだ。

 オーストラリアのホラー映画って珍しい。
 オーストラリアって言うと、気さくで大らかで楽天的なオージーというイメージを持つが、実際の出来事をもとにした映画『スノータウン』に見るように、結構、残虐非道の猟奇的事件の多い国である。
 振幅の幅の大きさを感じさせる国だ。


australia-1296727_1280

OpenClipart-Vectors
によるPixabayからの画像



おすすめ度 :★★

★★★★★
 もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
★     読み損、観て損、聴き損