2018年9月下旬のある日、四国遍路88札所と別格20札所、あわせて108の霊場を歩いてめぐる旅に出た。これはその記録である。
 各札所には御詠歌と呼ばれる短歌がある。お寺の名前を歌の中に盛り込み、法の尊さや御仏のありがたさを説いたものが多い。
 ここでは、やはり寺の名前を盛り込みながら、道中の思い出や札所の印象などをオリジナル御詠歌にして詠んでみた。


【香川県】
 

志度の海
おだやかな志度の海、カキの養殖が盛ん
道の駅で食べたハマチ漬丼がうまかった

平賀源内1
平賀源内の生家
中は資料館や薬草園になっている
少し離れた場所に記念館もある


平賀源内2
平賀源内
こんな男、なかなかいない



 86番札所: 補陀洛山 志度寺 (ふだらくざん しどじ)

86番
 エレキテル 土用のうなぎ ふしどには
 陰間はべらす 異才の男

御本尊: 十一面観音菩薩
本歌 : いざさらば 今宵は ここに 志度の寺 いのりの声を 耳にふれつつ
コメント: 当地は江戸時代の万能の天才・平賀源内の生まれ故郷。生家は資料館になっている。源内は、発明家(エレキテル、土用のうなぎ等)であり、博物学者であり、文筆家であり、医者であり、男色家であり、人殺しであった。志度寺の境内に参り墓がある。(実際に葬られている墓は東京都台東区橋場にある)
【次の札所まで7.0㌔】


志度寺山門
山門


志度寺境内
境内は樹木に覆われ、ちょっとした迷路のよう


志度寺大師堂
大師堂


87への道(源内焼)
源内焼とは源内の指導によって当地で製作された三彩の陶磁器
こちらはもちろんお菓子である。黄身アンを包んだ焼き饅頭。



87への道(カラスのたかる家)
畑中の家にカラスがしきりにたかり騒いでいた
何かあったのだろうか?


87への道(マンホール)
長尾寺への道で見かけたマンホール



87番札所: 補陀洛山 長尾寺 (ふだらくざん ながおじ)

87番
 讃岐なる 長尾の里の 道におわす
 姫のいわれを だれか知るらん

御本尊: 聖観世音菩薩
本歌 : あしびきの 山鳥の尾の 長尾寺 秋の夜すがら み名をとなえよ
コメント: この札所は、源義経の愛妾であった静御前が出家したところなのだが、それよりも付近のマンホールに刻まれていた「かぐや姫のふる里長尾」というのが気になった。納経所の人に聞いてもいわれを知らなかった。『竹取物語』にはたしかに讃岐造(さぬきのみやつこ)と呼ばれる翁が登場する。そして長尾は竹細工で有名な地区だそうである。
【次の札所まで33.9㌔】
 

長尾寺境内
広々とした境内


88への道(道標)
ついにこの道しるべが現れた!


88への道(前山ダム2)
前山ダム
このあたりも池が多い


88への道(おへんろ交流サロン1)
前山おへんろ交流サロン
結願間近の遍路たちが休息し、遍路について学び、交流するところ
「遍路大使任命書」や記念バッジ、札所を映したDVDなどをいただいた
ここで83番一宮寺に行く途中で会った韓国人チュウさんと再会



88への道(おへんろ交流サロン2)
館内には、四国霊場のジオラマ、江戸時代の紀行本や古地図、
古い納め札や納経帳、曼荼羅掛け軸など、豊富な資料がある


88への道(韓国の男)
チュウさんは最後の難関、女体山(774m)を超えるルートを行く
さよなら、チュウさん。そして、ありがとう!


88への道(大窪寺との分岐)
女体山を迂回して88番へ行く道との分岐
別格打ちは真っすぐ進む


別格20への道(末広商店分岐)
香川県三木市と徳島県美馬市の境界
別格20番は二県の境界上にある


別格20への道(落合橋)
塩江温泉郷(香川県高松市)の落合橋
橋の向こうに見える立派なホテルは一年前(2017)に倒産


別格20への道(赤松旅館)
昔懐かしい風情の赤松旅館に宿をとった


別格20への道(赤松旅館2)
食堂もやっていて、自家製チャーシューを使ったチャー丼は絶品の味
とても仲の良いご夫婦で経営、二人とも良い人だったな


別格20への道(朝霧)
早朝の内場ダム付近
視界がきくのは3メートル先まで


別格20への道(六甲天満原林道1)
山道(六甲天満原林道)に入ったら霧が晴れてきた


別格20への道(六甲天満原林道2)
頂上の大瀧寺まで、なだらかな傾斜の舗装路が続くので
疲れることはない。が、山の上は結構寒かった。
思えば、もう11月も終わり。


別格20への道(西照神社)
西照神社
神仏分離前は大瀧寺と一体だった。
主祭神は月夜見大神(ツキヨミノミコト)、アマテラスの弟である。



別格20番札所: 福大山 大瀧寺(ふくだいさん おおたきじ)

20番
 塩の江の 霧の戒壇 めぐる朝
 お大師さまに おおたき(逢ふた気)がする
 

ご本尊: 西照大権現
本歌 : 霊峰の 岩間にひらく 法の道 厄をながして 衆生ぞすくわる
コメント: 標高910mは66番雲辺寺につぐ高さ。麓の塩江温泉に宿をとり、往復に一日かけた。早朝の内場ダム付近はまさに五里霧中で数メートル先も見えず。なのに不思議と怖くなかった。参拝を済ませた午後、登って来た山道を下ってゆくと、唖然とするほど見事な景色が目の前に広がった。このルートを勧めてくれた地元の方に感謝。
【次の札所まで18.5㌔】


別格20番大瀧寺境内
別格20札所を打ち、結願す
(西照神社ともに住所は徳島県美馬市)


別格20番大瀧寺下山道1
下山は景色を楽しみながらゆっくり気ままに
おかげで腸もルース


別格20番大瀧寺下山道2
途中にあるお墓の観音様


別格20番大瀧寺下山道3


別格20番大瀧寺下山道4
麓まで下りた所で出会った見事な景観!
内場川を堰き止めてできた内場湖


別格20番大瀧寺下山道5



別格20番大瀧寺内場ダム
内場ダム


別格20番大瀧寺内場ダム3


別格20番大瀧寺内場ダム2
今朝はこの美しく雄大な景色が周囲に広がっているのを
まったく知らずに歩いていた。
なんだか自分の人生を象徴するような・・・・・


塩江温泉郷
塩江温泉郷に帰還



塩江温泉(香東川)
香東川
塩江温泉は行基が開いたと言われる


別格20への道(赤松旅館3)
ただいま、赤松旅館
向かいのショッピングセンター「はすい」で買い物したら
店番のおばあちゃんのツヤツヤ肌にビックリ
塩江温泉は美容に良いらしい


88への道(別格帰り1)
翌朝午前6時に宿を発った
来た道を戻る。寒い。

88への道(別格帰り2)
88番大窪寺への分岐にある「多和産直 結願の郷」
  2012年3月閉校となった多和小学校の跡地を利用した施設


88への道(別格帰り3)
これが最後の遍路小屋
ゆっくりお茶を飲み、トイレも済ます


88への道(別格帰り5)
最後の道しるべ
あとは林の中の一本道


88への道(別格帰り4)
前方に女体山が見えてきた


88番大窪寺参道


88番大窪寺山門



88番札所: 医王山 大窪寺(いおうざん おおくぼじ)

88番
 はじまりは へんろ仲間も おおくぼじ
 終わりて今は 同行二人

御本尊: 薬師如来
本歌 : なむ薬師 諸病なかれと願いつつ 詣れる人は 大窪の寺
コメント: 朝暗いうちに塩江温泉を出発。外気温は1度だった。思えば、春夏秋冬すべての気候を体験するような遍路だった。はじめの頃たくさんいた遍路仲間も、高知・愛媛と進むごとに少なくなって、香川では一日に数名しか見なかった。最後はお大師様と同行二人。本堂の後ろの女体山がやさしく迎えてくれた。
【第7番札所まで26.5㌔】


88番大窪寺本堂
本堂
読経時はさすがに声が震えた


88番大窪寺境内
静かで落ち着いた境内


大窪寺境内2
境内を守る女体山


88番大窪寺山門2
結願は2018年11月30日(土)朝10時
1番を打ったのが9月27日(木)朝10時



四国の白地図第19回


CraftMAPの白地図を使用しています。より詳しい四国地図を見たい方は、こちら(地図蔵)を参照ください。  




次回最終回
ご朱印をもらい忘れた第7番参拝のあと、
第1番、高野山、東寺にお礼参りします