2003年平凡社

 松山の道後温泉近くで、種田山頭火(1882-1940)が晩年を過ごした家(一草庵)を見たとき、はじめて山頭火と四国との縁を知った。
 考えてみれば、「分け入っても分け入っても青い山」の句で知られるこの漂泊の俳人が、四国遍路をしていないはずがなかった。

IMG_20200914_115620


 本書によれば、山頭火は大正14年(1925年)に曹洞宗で出家得度した翌年から、九州各地、山陰、山陽、四国、東北と、放浪の旅を重ねるようになった。
 雲水として鉢を持って行乞し、米や銭の喜捨を受ける。俳人として自然の中を歩き、句を作り続ける。そんな旅である。
 ストイックな男とも言いづらいのは、旅中はもちろん、一草庵で58歳の生涯を終える最後の最後まで、酒はきれなかった点である。
 女についてはわからない。(27歳で結婚、34歳で離婚している)
 46歳のときに四国88カ所札所を巡礼し、結願している。
 最後の旅もまた四国遍路であった。

 本書は、この最後の四国遍路の模様を、山頭火自身の残した遍路日記をもとに実際に山頭火が歩いた行程をたどりながら、写真と文とで描き出している。
 著者の横山良一は1950年生まれの写真家で、世界各国を旅して写真を撮り続けている。
 昭和14年の山頭火の四国と、平成12年の横山の四国と、そして平成30年のソルティの四国とが、オーバーラップする面白さがあった。

 昭和14年の四国遍路のきびしさはいかほどのものだったろう?
 舗装路がほとんどなく、峠を回避できるトンネルも少なく、道しるべも少なく、遍路小屋も宿も今よりずっと少なかったであろう。
 まして、山頭火のように、路銀を行乞でもとめ、いくつもの宿に断られつつ、野宿を重ねる旅のきびしさは?
 今でこそ山頭火の名前は知られ、その句は教科書にも載り、伝記が書かれTVドラマ化され、生まれ故郷の山口や終焉の地となった松山で「その人あり」ともてはやされているけれど、当時は文字通りの乞食遍路に過ぎなかったのである。
 それと比べると、ソルティの遍路がいかに“大名旅行”であったか。

 だが、そのような自然と添い寝する旅であったればこそ、山頭火の数々の心打つ句が生まれたのは間違いない。

 山頭火が、已むに已まれぬ衝動にかられ、旅と祈りと酒と芸術の人生を送ることになった一番の理由は、おそらく彼が10歳の時の母親の自殺であろう。
 彼はいつも母親の位牌を背負って旅をしていたという。
 同行三人だったのだ。 


日和佐の海


 いちにち物いはず波音(山頭火)
 
 

おすすめ度 : ★★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
★     読み損、観て損、聴き損