poster


日時  2017年5月14日(日)13:00~
会場  四葉集会所(東京都板橋区) 
主催  マハーカルナー法友会

 東武東上線・下赤塚駅からハナミズキの植わる街路を下り、曹洞宗萬吉山宝持寺・松月院にあたって右折する。松月院の山門脇で「怪談・乳房榎」の記念碑を横に見やる。
 駅から歩くこと正味15分で会場に着いた。

マーハーカルナ法話20170514 001


マーハーカルナ法話20170514 002
武将・千葉自胤が1492年に当地にあった宝持寺を菩提寺として定め、
松月院と改名したのがはじまりといわれている。


マーハーカルナ法話20170514 006


マーハーカルナ法話20170514 008

マーハーカルナ法話20170514 009


マーハーカルナ法話20170514 010
四葉集会所

 40畳ほどの室内は100名を越える参加者で埋まり、相も変らぬマハーカルナー人気を眼前にする。
 今回のテーマは、「波羅蜜具足~正法の衰退と波羅蜜の実践」。
 波羅蜜(はらみつ)とは、「悟るための機運」といった意味である。人にはそれぞれの生まれ持った波羅蜜がある。それはまた増大させることもできれば、減らすこともできる。
 そもそも、今生で人間として生を享けたことは宝くじで一等1億円を5回連続(もっとか?)当てるくらいの奇跡的な波羅蜜である。しかも、平和で民主的な現在の日本に生まれたことは途方もなく有難い波羅蜜である。そのうえ、原始仏教を学ぶ機会(仏縁)と能力を持てたことは神々も羨む真に偉大なる波羅蜜である。
 この波羅蜜を生かして、波羅蜜が付きないうちに、ブッダの教えがこの世から消えないうちに、解脱へのパスポートを手にしよう、というのが法話の趣旨である。

 今回聴けて良かったのは、「波羅蜜の効果的な蓄積法」について。
 以下の4つが大切とのこと。

1. 善行為
 行為の内容は何でも良いが、大切なのは自らの善行為を明確に意識すること。
 例) 「私はこれから公園のゴミを拾います」

2. 善作為
 善行為の具体的な目的、それを行った結果として期待できることを明確に意識すること。
 例) 「公園がきれいになり、利用者が気持ちよく過ごせますように」

3. 誓願
 善行為の結果、「自分はこのようになりたい」と願うこと。願うのは、世間的な事柄でも、出世間的な事柄でも、どちらでもかまわない。
 例) 「この公園の清掃作業によって、私の修行が進歩しますように」

4. 廻向(えこう)
 善行為によって生じる功徳を誰に与えるか、あらかじめ決めておくこと。
 【廻向の対象は次の4つ】
  ①仏法僧 ②一切衆生 ③今生きている福徳を必要とする人々 ④すでに亡くなった近しい人々 
 例) 「この公園の清掃作業によって生じた功徳を一切衆生に廻向いたします」

ポイントは、
● 以上の4つを、善行為を行う始めと途中と終わりに、はっきりと意識すること。
● 心をこめて一所懸命善行為すること。
● 我が身の幸福も一緒に願うこと。
● 毎日積み重ねること。

日々の小さな善行を、目的・誓願・廻向先を明確に意識しながら自覚的に行っていくことで、本当の波羅蜜が蓄積されていきます。


 ソルティのやっている介護という仕事は、まあ善行為と言っていいだろう。
 日々流されるままに無自覚に仕事するのではなく、おのれの波羅蜜を蓄積する意図をもって、意識的・自覚的に仕事することで、数ヶ月・数年後には無視できない莫大な効果を生み出すことができるわけだ。

 もっと早く知っておけば良かった・・・・。


サードゥ、サードゥ、サードゥ



※この記事の文責はソルティにあります。実際の法話の内容のソルティなりの解釈にすぎません。