4月の中頃から不調が続いた。
 喉の痛みと倦怠感から始まって、悪寒・頭痛・くしゃみ・微熱・咳・鼻水・痰と、一連の風邪様症状を経過したあげく、食べ物の味がおかしくなった。
 なにを食べても塩味しか感じられない。
 まさに、砂を噛むよな味気なさ。
 常備しているラベンダーとヒノキのアロマオイルを鼻孔に近づけたところ、まったくの無臭。
 味覚と嗅覚に異常が起きている。
 そのままGW入りした。

アロマオイル

 なんだか落ち着かないのは原因が特定できないからだ。
 コロナ?
 風邪?
 コロナ後遺症?

 家にある抗原検査キットを日をあけて3回やったが、すべて陰性(-)。
 コロナでは・・・ない?(もっとも、抗原検査陰性でもコロナ感染しているケースが多いようだ)
 風邪にしては妙に長引くし、これまでに風邪で味覚障害になったことはない。
 ひょっとして、いま巷で騒がれているコロナ後遺症?

 子供の頃にかかった水疱瘡ウイルスが、大人になってから宿主の免疫力の低下によりヘルペス(帯状疱疹)を引き起こすように、一昨年わが身に侵入したコロナウイルスの残党が、復活のチャンスとばかりに活性化したか? 
 たしかに発症前の数日、寝不足と疲れが続いていた。

 とりあえず、外出時はマスクをつけるようにし、市販の葛根湯で症状を抑えた。

 GW後半に知り合いの山荘に2~3日遊びに行った。
 周囲はウグイスやコジュケイの鳴き声しきりの深い森。
 そこで症状が悪化した。
 滞在中は天気こそ良かったが、結構な風が吹いていた。
 森の中を散策した後に、くしゃみや咳や鼻水や体熱感が起きて、頭がぼうっとした。
 鏡を見たら顔全体が赤かった。
 これ、ひょっとして花粉症?

 たしかに、数年前からスギ花粉アレルギーの洗礼を受けていた。
 が、スギ花粉のシーズンは早春である。(ピークは2月上旬から4月中旬)
 ありがたいことに、今年はスギ花粉の影響はほとんど感じなかった。
 「今年は無事乗り切った」と安堵していた。
 よもやGWに花粉症になるとは思わなかった。
 スギでなければその正体は・・・・?
 
 ヒノキ花粉のシーズンはスギより一ヶ月ほど遅れる。 
 ピークは3月中旬から5月上旬。
 たしかに、GW明けてからは楽になっている。
 アロマオイルの香りが戻り、味覚も復活した。
 
 南無三。
 スギに加えてヒノキも天敵になってしまったのか?
 もはや春の山登りはあきらめるほかないのか?
 あれだけ愛した針葉樹が・・・!


tree-8229364_1280
wal_172619によるPixabayからの画像