2001年アメリカ。

 SFコメディ。宇宙から飛来した謎の物体に宿る未知なる生命体は、瞬く間に単細胞から多細胞へ、昆虫、植物、無脊椎動物を経て、魚類、両生類、爬虫類へ、そして大型化し空飛ぶ恐竜や猿人類に・・・・。
 と、生命の進化(evolution)が猛スピードで成し遂げられていく様子がCGで描かれていくのが見物である。それぞれの生物のデザインも凝っていて面白い。
 増殖していく新生物たちは凶悪な性質を持ち、このままだと地球は乗っ取られてしまう。
 そこで、我らがヒーロ達は立ち上がる。

 出世作『ゴースト・バスターズ』同様、このヒーロー達がちょっと抜けていたり、ださかったり、ファンキーだったり、ドジだったり、親しみが持てるところがライトマン監督の独壇場である。中でも、黒人の研究者ブロック役のオーランド・ジョーンズとちょっとネジが緩んでいる消防隊志願者ウェイン役のショーン・ウィリアム・スコットがいい味出している。ここでもまたジュリアン・ムーアは巧い。

 ライトマン監督はSFとコメディの絶妙なバランスをとることに成功している。
 楽しい映画である。



評価: B-

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」
        ヒッチコックの作品たち

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」
        「ボーイズ・ドント・クライ」
        チャップリンの作品たち   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」
        「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!