2011年アメリカ映画。

 「ノアの方舟」型予知ミステリ-。
 主人公カーティス(マイケル・シャノン)は夜毎、巨大な竜巻が出現しすべてを破壊していく悪夢を見るようになる。ただの夢と片づけることのできないカーティスは、家族や同僚の戸惑いや制止をよそに自宅の庭にシェルターを作りはじめる。
 はたして単なる夢なのか、心を病んだカーティスの妄想なのか、それとも・・・。

 土木工事を生業とするさえない中年男を演じるマイケル・シャノンの演技は緻密でリアリティがあり勝れている。子供の頃に母親が精神病を発症し家族がバラバラになったという過去を持つ男の抱える精神的不安定と孤独感、しっかり者の妻と耳の不自由な娘を持つ一家の柱としての責任感と愛情を過不足なく演じ切っている。

 それだけに物語全体の構成が弱いのが残念である。
 過去のトラウマを家族と共に克服することをテーマとした心理ドラマ、家族ドラマの面と、「ノアの方舟」型ストーリーをメインとするミステリー&サスペンスの面との縫合がしっくりこない。どっちつかずだ。
 文学性と娯楽性の二兎追って一兎得ずになってしまった。
 もったいない。

 
評価:C-

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」      

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」「ボーイズ・ドント・クライ」
        
C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!