P9240268


日時 2017年9月16日(日)
場所 東京都杉並区
行程
11:20 西武新宿線・上石神井駅
    歩行スタート
12:00 善福寺公園
12:25 美野山橋(善福寺川流出地点)
13:00 関根橋(JR中央線西荻窪駅北銀座通り)
13:25 JR中央線高架下
13:37 環状8号線横断
13:50 忍川上橋(JR中央線荻窪駅南口仲通り商店街)
14:20 善福寺川緑地公園
15:00 白山神社
    和田掘公園
15:20 つり掘「武蔵野園」にて休憩
15:45 松ノ木遺跡復元住居
16:00 大宮八幡宮・天満宮
17:00 善福寺川取水施設
17:10 環状7号線横断
17:20 善福寺川終点(神田川との合流地点)
17:40 地下鉄丸ノ内線・中野富士見町駅
    歩行終了
所要時間 5時間20分(うち歩行時間4時間40分、休憩時間40分)
歩行距離 約13㎞(うち善福寺川沿い10.5㎞)

杉並区map


 杉並区は善福寺川と神田川の二つの流れを擁する水に恵まれた街である。
 善福寺川は杉並区の善福寺公園内にある善福寺池に源を発し、区内を北西から南東に蛇行しながら横断し、地下鉄丸ノ内線中野富士見町駅付近でお隣の中野区に入る直前、神田川と合流する。神田川は、三鷹市吉祥寺にある井の頭公園に端を発し、これもほぼ杉並区内を横断し、善福寺川の下(南)側をつかず離れず流れている。そのさまは、対位法の二つのメロディのよう、あるいは仲の良い蛇の夫婦のようである。

 特に善福寺川は川の始まりも終わりも杉並区内にあるので、まさに杉並区の川である。
 中流の川沿いには、都立善福寺川緑地と都立和田堀公園が全長約4.2 kmに渡り整備されている。川が学校の敷地内を通過していたり、護岸工事中であったり、ところどころ土手から離れて歩かなければならないところもあるけれど、それ以外はほぼ全流域にわたって「都会でここまで!」とビックリするほど澄んだ流れを足下に見ながら、川岸を歩くことができる。首都圏の動脈たる環八と環七を横断する所はさすがに騒音に包まれるが、おおむね静かな住宅街や公園内の車の通れない小道が続いているので、子供や老人でも安全である。

 秋晴れの一日、緑と水に癒されながら、川に棲む小動物ウォッチングを楽しみ、川沿いの風物・娯楽を満喫した。


P9240253
スタートは上石神井駅(練馬区)
 降りるのははじめて。むろん「西友」だ。


P9240256

P9240255

庚申通り商店街を抜けていくと確かに庚申塚がある。
1704年(宝永元年)建立。祠の中には青面金剛立像が祀られている。


P9240257
青梅街道を東京方面に行くと杉並区に入る。
 

P9240258
曹洞宗善福寺。
「善福寺川」の名の由来は池のほとりに善福寺があったからだが、
江戸時代に廃寺になっている。
いまの善福寺は福寿院が地名をとって改名したそうである。



P9240259

P9240267

P9240261
まるで高原の避暑地。東京にこんな素敵なところがあったとは!


P9240262
この湧き水が善福寺池の水源。名を遅野井(おそのい)と言う。
奥州征伐からの帰りに当地で干ばつに遭った源頼朝が、
弁財天に祈り弓で地面を掘ったところ、
湧き出したと伝えられる。


P9240265
池の中にある弁財天。江の島弁財天を勧請したそうな。


P9240270
い~い感じ



P9240269
善福寺川のはじまりとなる美野山橋。
なんと全部で73の橋がある。
さあ、歩くぞ!


P9240272
はじめチョロチョロ


P9240274
ラインのほとりのような洒落た光景


P9240276
軽く1メートルはあろう巨大なコイの群れ。
30センチはあろう亀も泳いでいた。


P9240277
都会の川らしくなってきました。


P9240278
ところどころこんな親切な表示があって励みとなる。


P9240279
西荻窪駅北銀座通りとの交差(関根橋)
川向うに「幸福の科学」の建物が見える。


P9240282
まるで湿原のように水草の島が点々と続く。


P9240281
カルガモは全流域で見ることができる。


P9240283
シラサギも結構多い。

P9240289
P9240285
荻窪駅の700メートル西で中央線の高架をくぐる。


P9240287
創業は昭和23年。
なつかしの『チャイルドブック』


P9240291
荻窪駅南口仲通り商店街に続く道。
このあたりはボランティアの関係でよく来るところ。
普段と違った視点から街を見ると新鮮である。


P9240292
上高知か? このあたりでもこんなに澄んでいる。


P9240293
デジカメの性能が悪くて残念。
カワセミです!


P9270324
地球博物学大図鑑」より



P9240295
善福寺川は昔からよく氾濫する川として知られている。
2005年9月4日の豪雨では約3000戸の浸水被害があった。


P9240298

P9240299

P9240297
善福寺川緑地公園は木も花もいっぱい。
春先は花見の名所として賑わっている。


P9240301

P9240302
こんなところに白山神社があるとは!
ここを境に和田掘公園に入る。

P9240304


P9240303
和田掘公園のつり掘「武蔵野園」で喉の渇きを潤す。


P9240305
古墳時代(6世紀)の住居を再現


P9240307


P9240306



P9240308
和田掘池


P9240309
大宮八幡宮 
1063年源頼義公により創建。


P9240310
縁起よりも猫が気になる。猫が・・・。


P9240311

P9240312
ここの境内で薪能(たしか『葵の上』)を見たことがある。
原始人のように回転摩擦式発火法(弓錐式)で薪の火を熾す儀式が面白かった。


P9240313
境内にある天満宮でケアマネ試験の吉報を祈る。
(って勉強しろよ!)


P9240314

P9240315

P9240316
洪水被害を防止するための取水施設。
土手に開けた横穴から川の水を地下に落とし、
地下40mの調節池(延長4.5キロ×内径12.5m)に貯留する。


P9240318
環状7号線を渡ると、そこは立正佼成会の根城でした。


P9240319
独特なデザインの大聖堂が目立ちます。


P9240320
そろそろ日暮れも近い。腹も減った。



P9240321
うん?


P9240323
もしかして、これは?


P9240324
やった! 終点だ!
神田川(上側)とのランデブーです。


P9240327
I wonder if you've already forgotton that age ?
  


P9240331
神田川はこのさき隅田川と合流し、東京湾に注ぐ。



P9240330
ゴールは中野富士見町駅。
お疲れ様。
次回は、神田川をここから井の頭公園まで辿ってみるかな?


P9240260

今日も良い一日でした。