2010年メディアファクトリー発行

 『怪奇事件の謎』の小池壮彦による怪談レポート。日本と題してはいるが、実際には首都圏に起きた幽霊騒動を扱っている。
 取り上げられているのは、以下の13の場所である。

1.麻布一連隊跡地(現・東京ミッドタウン)
2.文京区白山の円乗寺(八百屋お七の墓がある)
3.埼玉県新座市の市場坂橋
4.浅草界隈(大正11年に養父母による十歳の少女お初殺しがあった)
5.多摩川調布堰(多摩川ダム)
6.吉原界隈(恋愛がらみで自害した廓の遊女・玉菊)
7.浅草の永見寺(玉菊の墓がある)
8.日本橋界隈(江戸時代罪人の晒し場や牢獄があった)
9.荒川放水路(昭和初期頃まで赤ん坊の捨て場所になっていた)
10.中川鉄橋(JR常磐線・亀有~金町間)
11.世田谷区羽根木公園
12.玉川上水・牟礼のどんどん橋(昭和34年に幼い姉妹の心中があった)
13.玉川上水・渋谷界隈(著者小池の高校時代の家庭教師をめぐるエピソード)

 文献や報道資料や土地の言い伝えをもとにしながら、実際にあった事件や事故を再構成し、その背景に潜む因縁を読み解いていく。その意味で、ただの怪談紹介ではない。『怪奇事件の謎』同様、主眼となるのは、時を超えて語り継がれる「物語」が誕生した社会的要因(政治的圧力・社会情勢・タブー等)や心理的要因(民衆の様々な欲望・恐怖・不安・妬み・恨み等)を探ることにある。

 怪談は真実を追うきっかけに過ぎないが、きっかけがなければ埋もれてしまう事実がある。それが本書に通底するテーマであり、私の一貫したモチベーションである。(本書「あとがき」より)

 東京の地図を傍らに、事件の舞台となった場所を探し当てながら読むと、臨場感が味わえる。

 ソルティが「へえ~、そうなのか!」と興味深く思ったのは、八百屋お七の事件である。
 愛しい人と再会したいがために自宅に火をつけ、市中引き回しの上、鈴ヶ森刑場で処刑された江戸時代前期の八百屋の娘の話として、映画にも舞台(浄瑠璃・歌舞伎)にも落語にも漫画(美内すずえ『ガラスの仮面』)にも歌の題材(坂本冬美『夜桜お七』)にもなるほど有名な話である。
 ところが、実はお七に関する史実はほとんどわかっていないのだそうである。

 歴史の考証家が首を傾げてきたのは、お七の素性を調べれば調べるほど、妙な矛盾が生じてくることだった。単なる創作とばかり言えないような事実の改変がなされていたり、間違えるはずのないことを間違えていたりする。
 しかも、お七の事件は、公的な資料にはまったく記録がない。幕府の正史である「徳川実記」は一言も記しておらず、奉行所の判例集にも公判記録は載っていない。それでいて、お七と同じ年に放火の罪で火あぶりになった“お春”という十六歳の少女の事例は載っているのである。これはどう考えてもおかしいだろう。
 
 お七が火あぶりになったとき、読売(瓦版)はその模様を全国津々浦々に報じてまわった。ニュースの反響は凄まじく、後追い自殺も生んだという。こうした大げさにも思えるエピソードを一概に誇張とばかりも言えないのは、今日でもアイドルが非業の最期を遂げれば、似たようなことは起こるからである。それに事実として、江戸時代にお七を偲ぶ歌謡や伝承は全国に流布していた。お七事件の影響が各地に及んだことは間違いない。しかし、それでいて膨大な数に及んだはずの瓦版は、後世に一枚の痕跡も残していない。これもお上の命令で資料が破棄された結果のように思えるのである。(本書より)

 お七の事件が公的記録から抹殺された背景には何があるのか。
 小池がそこを推理する部分はとても面白い。
 そして、公的圧力により“事実”を隠蔽され、その結果さまざまに粉飾歪曲されながらも、大衆の胸の琴線にふれる“真実”として後世に伝えられていくお七の情念を思うとき、「物語」と「ひと」との切っても切れない関係を見るのである。


炎の恋人