1956年新潮社
 (『千羽鶴』は1952年刊行、続編である『波千鳥』と合本で1956年刊行)
1989年新潮文庫

 大人の男女の愛欲模様を描いた小説である。
 が、そこは世界の川端。ドロドロした下世話感はなく、陶器の世界の奥深さや繊細な自然描写をまぶしながら、『源氏物語』を思わせる風雅な一篇に仕立てている。

 『源氏』を思わせるのは、主人公菊治がモテ男で、何もしなくとも女が寄ってきて、かまってくれるキャラだからである。くわしい説明はないが、イケメンで金持ちで母性本能をくすぐるのだろう。

 菊治の周囲を、年代を異にする数人の女たちが、衛星のようにそれぞれの軌道を交差しながら近づいては離れ、経巡る。
 多くの男の読者にしてみれば、うらやましい限りであろう。

 『みずうみ』や『眠れる美女』や『片腕』にみる魔界こそ、川端の真骨頂と思っているソルティにとって、正直恬淡とし過ぎて、あまり面白くはなかった。
 とりわけ、続編の『波千鳥』は無きにしもがな。


折り鶴


 登場人物のうち、二人の女性の造詣が秀逸である。

 男がいなければ生きられない手弱女(たおやめ)のような太田夫人。
 その太田夫人のコケットリー(媚態)を同性ならではの辛辣な目で見抜き、菊治を守ろうとしつつ、かえって菊治に疎まれる栗本ちか子。
 男としての菊治の魅力は、このどちらの女も最終的には拒絶しないところにあるのだろう。
 あるいは、拒絶できるほどの執着を持たないところか。

 この小説は大映によって二度映画化されている。 

 最初は1953年。監督は『安城家の舞踏会』の吉村公三郎。
  太田夫人 =木暮実千代
  栗本ちか子=杉村春子
  菊治   =森雅之

 二度目は1969年。監督は『妻は告白する』の増村保造。
  太田夫人 =若尾文子
  栗本ちか子=京マチ子
  菊治   =平幹二朗

 どちらもこれ以上にない魅力的な配役。
 機会あれば観てみたい。



おすすめ度 :★★

★★★★★
 もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損