梅雨の晴れ間の日曜日、秩父温泉・満願の湯に行ってきた。
 
 コロナ感染が再び広がっている中、不要不急の移動はなるべく控えるべきところだが、同じ県内移動だし、梅雨時だし、山の中だし、そのうえ早い時間帯に行けば、3密となる可能性は少ないだろう。
 何と言っても、この温泉に行くのを一つの目標として、ここまで治療とリハビリを頑張ってきたので、行かないことには区切りがつかない。
 足のケガにはもちろん、最近とみにひどい肩こりにもきっと良い効果があるだろう。
 とにもかくにも、自然の気を浴びたい! 
 
 電車を乗り継いで、まずは秩父鉄道・秩父駅へ。
 梅雨らしいどんよりした日々が続いていたが、今日はさわやかな五月晴れの予感。
 秩父の雄・武甲山が迎えてくれた。
 ちなみに、「五月晴れ」とは本来、梅雨の晴れ間のことを言ったそうな。
 昔(太陰暦)の皐月(さつき)は、今(太陽暦)の六月にあたるのだ。
 
IMG_20200712_094622
秩父鉄道・秩父駅

 
 駅近くの秩父神社に参詣する。
 ここは秩父34札所巡礼の際に立ち寄って、御朱印をいただいた。
 清新な気の満ちる、気持ちのよい境内である。

 
秩父神社本殿
秩父神社本殿
 

 主祭神は 
  • 八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)
  • 知知夫彦命(ちちぶひこのみこと)
  • 天之御中主神(あめのみなかねのみこと) 
  • 秩父宮雍仁親王(ちちぶのみややすひとしんのう)
 の四神なのだが、摂社の日御𥔎宮(ひのみさきぐう)には、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が祀られている。

ひのみさきぐう
日御𥔎宮


 スサノオノミコトは、日本神話のヤマタノオロチ退治で有名な英雄だが、神仏習合においては、インドの祇園精舎の守護神であった牛頭天王(ごずてんのう)の垂迹神とみなされ、厄病除けの神様として知られる。
 秩父神社の縁起にはこう記されているそうだ。
 
天武天皇白鳳四年(676)、天下疫病大いに流行し、其の災禍を禳わんことを祈る為に、国造奏請して社殿を造営し始めて、鎮祭せられたり
 
 秩父神社では、新型コロナウイルスの沈静化と氏子の皆様の平穏無事を祈って、悪疫病除けの護符『素戔嗚尊』を作成し、参詣者に無料で配布している。
 それがこれだ。

IMG_20200713_141900


 アマビエ、あるいは元三大師降魔札いわゆる角大師と、いずれが一番効くだろうか?


 土地の神への挨拶と骨折治癒の御礼を終えたあと、秩父鉄道に乗る。
 空いていた。
 普段の日の晴れの休日なら、長瀞観光や山登り客で賑わいでいるところだ。
 向かい席の40代の父親と10代の息子は明らかに鉄チャンで、マニアックかつメカニックな会話のやりとりが面白かった。この親子はきっと、子供が思春期を迎えても、成人しても、会話が無くなることはないだろう。羨ましい気がした。

 皆野駅から町営バスに乗る。
 乗客はわずか4人、秩父温泉バス停で下りたのは自分ひとりだった。
 時刻は午前11時。

IMG_20200712_145240
皆野駅ホーム風景


IMG_20200712_144352
秩父温泉・満願の湯


 「おや?」と思うほど駐車場が埋まっていたので、イヤな予感がした。
 入館して、更衣室の暖簾をくぐってみると、若い男がいっぱい。
 「なぜ? しかもこんな早い時刻から?」
 午後ならばまだ、登山を終えた汗臭い客やツーリング族であふれるのは分かるのだが・・・。

 混雑している洗い場を素通りし、日野沢川の渓流を見下ろす露天風呂に直行する。
 二つある湯舟はどちらも、やはり若い男の群れに占領されていた。
 しかも、次から次からへと、新たな一団がやってくる。
 3密ならぬ、男密・・・。

 彼らの会話を聞いて、わけが分かった。
 満願の湯の裏手には、コテージやトレーラーハウスが並ぶ「満願ビレッジ」というオートキャンプ場がある。
 彼らは、前日に仲間と車でやって来て、そこに泊まっていたのであった。
 午前10時のチェックアウト後、たいがいはアルコールを抜く為、ちょうど開館したばかりの温泉に押し掛けたのである。
「う~ん、そこまでは読めなかった」

 会話を聞いていると、「明日からまたテレワークだよ」、「だれだれ先輩の結婚式、コロナで延期になったんだよな」などと言う話も聞こえ、中にはマスクをつけたまま入浴している男もいた。
 なんて卑猥な・・・(笑)
 
 正午を過ぎると、急に閑散としてきた。
 ゆっくりと露天風呂で体をほぐし、夏の緑に覆われた渓谷と滝の眺めを楽しみ、渓流と鳥の声を堪能した。
 どんなにかこの瞬間を待ちわびていたことか!

 「ほすぴたる記」もこれで一段落。
 これからも忍耐と根気を必要とするリハビリは続くが、日常の行住坐臥はほぼ原状復帰と言ってよかろう。
 走ったり、階段をスムーズに下りたり、山登りしたり、重労働したり、長時間座禅を組んだりするのは、今後の課題として残っているけれど、ここまで回復したことに感謝。

 心身ともにさっぱりしたあとは、長かった闘病生活のご褒美を享受した。


IMG_20200712_131059
秩父名物・わらじカツ
足のケガにはぴったり!