2016年アメリカ

 記事のタイトルは、1985年1月にリリースされたC-C-Bのシングル曲。
 中山美穂と木村一八主演のちょっとエッチな性春ドラマ『毎度お騒がせします』(TBS系列)のテーマソングであった。
 ドラマの内容から言えば、「妄想が止まらない」に近かったが・・・。
 
 『ラ・ラ・ランド』こそ、まさにロマンチックそのものである。
 このITとスピードの殺伐とした時代に、かくもロマンチックで純粋なミュージカル映画が作られ、それが大ヒットし、数々の賞を受賞するとは意外であった。
 いや、この夢も希望も恋も語りづらい時代だからこそ、受けたのだろうか?
 
 主演の恋人たち、ライアン・ゴズリングは『ブレードランナー2049』ではじめて観て、トム・クルーズやブラピ系列の“イケメンだけれど演技は今一つ”の男優かと思っていたが、本作で認識を改めた。
 非情に繊細な演技ができる本格派であった。
 オスカーも近いのではなかろうか。
 一方のエマ・ストーン。
 演技は申し分ないが、歌がまずい。
 わざと下手に歌っているのかと思うほど。
 昔のハリウッドだったら吹き替えを使うところではなかろうか?
 二人の相性はぴったりである。

IMG_20210417_091611
ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン
 

 色彩豊かでカメラ回しも面白く、『雨に唄えば』など50年代のミュージカル映画を思わせるレトロでポップな雰囲気と、ゲイ受けしそうな陽気でキャンピーなノリと、CGを使った魔術的なタッチとがうまい具合に調合されている。
 そのうえに抜群の音楽センス。
 チャゼル監督の紛うことない才能が証明されている。
 
 コロナ禍のいま、ショービズ関係で働く人たちが困窮している。  
 生活面の困難はもとより、舞台や音楽や芸能が「不用不急」の烙印を押されてしまうことは、そこで生きる人たちの誇りを傷つけ生きがいを奪うだけでなく、社会から夢を見る力を剥奪しかねない。  
 そんなことを気づかせてくれる映画である。



おすすめ度 :★★★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損