2019年イタリア
108分

 幼い頃に自動車事故で父親を失い、自らは車椅子生活となった少年サミュエル。
 使用人に囲まれながら、広大な森の中の屋敷に母親と二人で暮らす。
 「外は危険、家の中が一番」と聞かされ続け、生まれてから一度も敷地の外に出たことはない。
 ある日、外の世界から一人の少女デニーズがやって来て、使用人の一人となる。
 快活で美しいデニーズに心を奪われたサミュエル。
 デニーズを虐げる母親に憤りを覚え、ある夜、デニーズと共に屋敷をあとにする。

 一見、支配的で精神異常の気のある母親の束縛から、恋に目覚めた思春期の息子が自立する物語と読める。
 それは間違いないのだが、ラストで話がひっくり返る。
 原題 Il nido は「巣」の意だが、それは母鳥が必死で雛を守る巣であると同時に・・・・。


haunted-house-5659244_1920
 
 
 母親役のフランチェスカ・カヴァリンという女優が素晴らしい。
 凛とした美しさのうちに、狂気に近い母の愛、怖れと哀しみを表現している。
 イタリアのニコール・キッドマン(@『アザーズ』)といったふう。
 
 色彩感覚と画面の照りはまさにイタリア映画である。
 
 
おすすめ度 :★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損