ソルティはここ数年、ガラ携( au のフィーチャーフォン)と格安スマホの二刀流。
 日常の連絡はガラ携の電話やメール機能を使い、なにか物を調べたり、品物を注文したり、写真を撮ったり、一時的なメールアドレスが必要になったりした時には、スマホ(と自宅PC)を使っている。
 LINE も SNS も PAYPAY もやっていない。
 それで不都合は感じていない。

 しばらく前から、au から頻繁に通知が届いていた。
 2022年3月末で今使っているガラ携は使用できなくなるという。
 au だけでなく、ドコモもソフトバンクも同様で、社によって終了期限は異なるが、順次3Gサービスは終了するという。
 そもそも3Gが何を意味するのか良く分からないが、自分が持っている携帯が3Gで、それが来年4月以降は使えなくなることは分かった。
 スマホ一択になるほかないのか?
 
 正直、ガラ携でじゅうぶん間に合っている。
 持ち運びの利便性といい、落とした時の頑丈さといい、バッテリーの持ちといい、月々の使用料といい、日常よく使う機能(電卓、アラーム、カウントダウンタイマー、漢字チェックなど)の操作しやすさといい、なにより文字の打込みやすさといい、携帯のほうが使い勝手がいいと感じる。
 とりわけ、趣味の山登りにおいてはバッテリーの持ちと頑丈さは重要なポイントである。
 
 スマホは、便利なことは違いないが、とにかく目が疲れる、腕がしびれる、肩が凝る、頭が痛くなる、電磁波を浴びる、たまにフリーズしてイライラ感が募る、こまめに充電しなくちゃならない、依存性が高く時間の浪費になりがち・・・とデメリットも少なくない。
 とくに、50歳を過ぎてから、スマホ画面の光線がどうにも不快に感じる。(必要以上にまぶしさを感じる羞明という目の症状がある)
 最近では、外出する際にわざと家に置いていくことも多くなった。
 それで困ったことはない。

 そもそもスマホもガラ携もインターネットもPCもない時代の生活感覚が自分のデフォルト(初期値――という用語はまさにポストPCならではである)になっているから、なければないで、「ああ、これで初期値に戻ったなあ」という子供時代のまったり感が蘇るばかり。
 むろん、LINEやSNSでつながる人間関係にも電子ゲームにも興味がないことは大きい。
 元来、たくさんの人と付きあう器用さを持っていない人間なのだ。
 SNSやってるより好きな本を読んでいたい。

読書の秋


 先日、近所の家電店で au コ ーナーに立ち寄ったら、最新型のカッコいいスマホがずらりと並ぶ端っこのほうに、あたかも道端のすみれのごとく、ひっそりとガラ携が置いてあった。
 説明を読むと、4G対応のガラ携という。
 つまり、3Gから4Gに乗り換えれば、引き続きガラ携が使える!
 やっぱり、ソルティのようなガラ携愛好者は決して少なくないのだろう。

 早速、申し込んでバージョンアップしてもらった。
 新しいガラ携の端末代金は無料。住所や電話番号などデータの移し替えは手数料として1000円強かかるが、auポイントが4000円分たまっていたので、それでやってもらった。
 つまり、無料交換できた。(月々の使用料は若干上がった) 
 
 電車の中でガラ携をパカパカさせている男がいたら、それはソルティかもしれません。
 
IMG_20211116_141131
3G(左)から4G(右)へ
使える機能はほとんど変わらない