1980年原著刊行
2012年一藝社発行(原田和夫/訳)

IMG_20220203_114706


 副題は「サン・ジュリオ島の奇想天外な物語」
 大人のための童話といった感じ。
 著者はイタリアの児童文学・ファンタジー文学作家で、本作上梓後59歳で亡くなった。

 湖の孤島に忠実な執事と暮らす世界的大富豪ランベルト男爵。
 90歳を超えたある日、エジプト旅行で出会った男から若返りの秘術を授かる。
 屋敷に戻って早速試してみると、あら不思議!
 男爵は日ごとに若返り、健康と青春を取り戻していく。
 ところが、好事魔多し。
 男爵の財産を狙った悪党一味がサン・ジュリオ島を占拠し、男爵を人質にとるのであった。
 
 ブラッド・ピット主演の『ベンジャミン・バトン』(2008)同様の趣向だが、恋愛色はなく、ユーモラスなドタバタ犯罪劇。
 ほんの1時間あれば読める、肩の凝らない楽しい一冊である。
 「解説」に訳者の原作愛を感じた。

 なぜにこの本を手に取った?
 老いの加速度を感じる今日この頃だから・・・。

 ソルティはかたソルティはかたソルティはかたソルティ・・・・ 




おすすめ度 :★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損