ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

  カーター・ディクスンを読む

● 本:『カー短編全集2 妖魔の森の家』(ディクスン・カー著)

IMG_20240403_222302

1947年原著刊行
1970年創元推理文庫(宇野利泰・訳)

 表題作含む5編から成る。
 ポオの短編を読むのははじめて。

妖魔の森の家
 扉ページの短い解説文で、「全作品を通じての白眉」、「ポオ以降の短編推理小説史上ベストテンに入る」と持ち上げられている。
 「どんだけのもんよ」
 さほど期待せずに読んだら、まったく驚かされた。
 トリックの奇抜さと叙述の巧みさとプロットの面白さが、見事に調合されている。
 ブラウン神父シリーズのいくつかの傑作に匹敵する怪奇性と仰天トリック。
 クリスティの『アクロイド殺し』を思わせるような、憎らしいほど卓抜な叙述。(もちろんフェアプレイである)
 長すぎず、短すぎず。
 人間消失のオカルトミステリーのつもりで読んでいたら、とんだスプラッタホラーに早変わり。
 中島河太郎による巻末の解説では、この短編を褒めちぎったエラリー・クイーンによる作品分析が紹介されている。
 同じ推理作家――それも読者に対するフェアプレイをとことん重視する本格推理の巨匠――の手によって露わにされた本作品の巧緻な構造、とくに読者の目の前に堂々と差し出しながらミスリーディングさせる仕掛けの数々に、再度ビックリする。
 こんな短編を一つでも書けたら、推理作家として本望であろう。

軽率だった夜盗
 夜中に屋敷に忍び込み、居間に飾られた名画を盗もうとした犯人の正体を暴いたら、それは屋敷の主人であった。
 いったい、なにがなにやら・・・?
 常識では説明のつかない不可解な現象を提示して、最後には納得のいく合理的説明をつけるところが、カーの独壇場である。

ある密室
 これも同様。密室で後頭部を鈍器で殴られた男は、一命を取り留めると、こう証言する。
「部屋には自分一人しかいなかったし、誰も入って来なかった」
 カーの編み出す不可能トリックの面白い点は、『軽率だった夜盗』のような不可解なシチュエイション、あるいは本作の密室のような不可能犯罪が成立する理由が、犯人のトリックがみごと成功したからではなくて、思わぬ障害が入ってトリックがうまくいかなかった結果として、犯人も予想しない形で生じてしまった――というところにある。
 考えてみれば、人を殺してわざわざ密室にする理由なぞ、自殺を偽装するくらいしかない。
 偶然、密室が生じてしまったことの理由付けこそが、肝なのだ。

赤いカツラの手がかり
 公園のベンチで発見された女性の死体は、裸のままきちんと座っていて、その横にはたたんだ衣服やカツラが置いてあった。
 これも不可解なシチュエイションの謎を解くのが主筋。
 英国人らしく寡黙で冷静なアダム・ベル警視と、はねっかえりのフランス人ジャーナリストのジャクリーヌの英仏コンビが楽しい。
 このコンビで(恋愛の進行を絡めて)連作してほしかった。

第三の銃弾
 これは中編。
 ペイジ刑事の目の前で、二つの銃声が響き、殺人が発生した。
 しかし、殺された元判事の体から発見された銃弾は、容疑者の撃った銃によるものでも、現場に落ちていたもう一つの銃によるものでもなかった。 
 現場となった部屋には、被害者と容疑者しかいなかった。
 いったい、これをどう解く?
 謎が錯綜し、手がかりが次々と現れ、もう一つ殺人が起こり、事件は混迷化する。
 ちょっと話を複雑にし過ぎて、読んでいてわけが分からなくなる。
 謎の解明もかなり強引。
 これは失敗作かな。

 カーは長編だけでなく、短編も魅力ある。
 しばらくはカーマニアになりそうだ。




おすすめ度 :★★★★

★★★★★
 もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損






● 本:『曲がった蝶番』(ジョン・ディクスン・カー著)

1938年原著刊行
2012年創元推理文庫(訳・三角和代)

 原題は The Crooked Hinge
 邦題は直訳である。
 蝶番(ちょうつがい、hinge)とはこれである。

IMG_20240201_113648

 曲がった蝶番が、トリックの要あるいは真相解明の鍵なのかと思って読み始めたが、全然関係なかった。
 なんと、タイタニック号沈没事件(1912年)の生存者の記憶に鮮明に残った映像がそれなのであった。
 本書のメインとなる殺人事件とはまったく関係ない事物なので、このタイトルの選び方は面白いなと思った。
 本書の内容に見合ったタイトルをいつものカー流につけるなら、『金髪の魔女殺人事件』あるいは『自動人形は見ていた』ってところか。
 17世紀にオルガン奏者によって作られ宮廷で披露された機械仕掛けの人形「金髪の魔女」が、重要な役を担っているのだ。

IMG_20240131_072631
カバーイラスト・榊原一樹
 25年ぶりにアメリカからイギリスに帰ってきたジョン・ファーンリーは、兄の死による爵位と広大な屋敷と財産を手に入れ、幼馴染のモリ―と結婚した。
 だが、1年後、パトリック・ゴアと名乗る男が弁護士と共に現れ、自分こそが真のジョン・ファーンリーであり正当な相続人であると主張する。
 パトリックの語るところによれば・・・
 25年前アメリカに向かうタイタニック号で出会った身分の異なる二人の少年は、互いの身の上話をするくらい親しくなった。タイタニック沈没の混乱の中、貧しいサーカスの少年は裕福な貴族の少年の頭を殴り気絶させ、衣服や所持品を交換し、入れ替わった。その後、二人は九死に一生を得て、アメリカでそれぞれの新生活を始めた。行方不明者リストに名前が載っていたお互いが、とうに死んでいるものと確信して・・・・。
 英国に戻って今もパトリックとして気ままに暮らしていた男(真の正体はジョン)は、ある日、ジョン・ファーンリー(真の正体はパトリック)が生きていて爵位を継いだというニュースに吃驚仰天。
「あいつ、生きていたのか! 俺のフリしてウマい汁を吸っていたのか!」

 物語は、この2人(ジョンとパトリック)がファーンリー家の屋敷で対面し、証人たちのいる前でどちらが本物のジョン・ファーンリーかを証明せんとする場面から始まる。
 まったくのっけから読む者を惹きつけワクワクさせる。
 つかみはバッチリ! 
 あっという間に物語の世界に没入し、ページをめくる手が止まらない。
 そこに殺人事件が起こり、それはどうやら“姿の見えない殺人者”という不可能犯罪のようであり、数週間前に近隣で起きた独居女性殺人事件も絡んでいるようであり、背景には村で密かに広がっている悪魔信仰の匂いもあり、屋敷の屋根裏にしまわれた不気味な自動人形が事件の鍵を握る。
 これでもか、これでもか、というような謎とオカルトの波状攻撃。

 ここまで物語をあちこち膨らませて、いったいどう回収するのかと思っていたら、ものの見事に回収して一件落着させてしまう。
 さすが不可能犯罪の帝王、カーである。
 もっとも、読者が結末にそれなりに満足を得るのは、回収の仕方が上手いから、あるいはギディオン・フェル博士の見事な推理に感銘を受けたから、というよりは、本作の一番のトリック――真犯人の持っているある秘密――に吃驚させられ、言葉を失うからである。
 冷静に考えると、25年ぶりに会った人間を偽物と見抜けない幼馴染たちのトロさとか、たいして害のない悪魔信仰がバレるのを恐れて殺人を犯す愚かさとか、真犯人の秘密をまったく見抜けない周囲の人間たちの鈍感さとか、不自然な設定がいろいろある。
 が、そういった不自然さを、ストリーテリングの巧みさとこれまた非現実的で奇想天外なトリックで覆い隠し、読者をねじ伏せてしまうところが、カーのミステリーの凄さなのだろう。
 このトリックは一度しか使えないもので、カーが最初で最後なのではないか。

 Hinge は「自由な可動を許しながら、物と物とをつなぐ」という意味で、hinge joint 「蝶番関節」という使われ方もするようだ。
 本作の原題はあながち的外れなものではないのかもしれない。


articulated-manikin-3298522_1280




おすすめ度 :★★★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損





● 本:『白い僧院の殺人』(カーター・ディクスン著)

1934年原著刊行
2013年創元推理文庫(訳・厚木 淳)

IMG_20240115_191150

 本作もカーター・ディクスン、またの名をジョン・ディクスン・カーのベスト10に上げられる名作。

 雪と凍った湖に囲まれた屋敷で、ある朝、一人の有名な女優の他殺死体が発見された。
 死亡時刻には雪はやんでおり、その後は降っていなかった。
 屋敷に向かうただ一つの足跡は、最初の発見者のもので、真新しい足跡におかしなところはない。
 屋敷から出る足跡はついていない。
 むろん、犯人は屋敷の中に隠れているのでもなく、屋敷に秘密の抜け穴のようなものがあるのでもない。
 いったい、犯人はどうやって現場から逃げたのか?

 密室物の変形と言える。
 このトリックは秀逸で、ソルティにも思いつかなかった。
 ただし、現在の科捜研の目をごまかすことは到底できないレベルのトリックなので、思いつかなかったというのもある。
 クリスティやカーがミステリー黄金時代を築けたのは、科学的犯罪捜査が端緒を開いたばかりで未熟だった20世紀初頭という時代のおかげもあろう。
 いろんな奇想天外なトリックが考案できる余地があったのである。
 令和のいまなら、科捜研マリコは現場に残された遺留品や血痕やなにやから、ただちに本作のトリックを見破るであろう。

 主要トリック自体が秀逸なのは間違いないが、カーの作風もまた、ある種のトリックというか隠れ蓑を成している点も指摘できよう。
 それは怪奇趣味を仕込んだり、登場人物たちの冗長な会話で読者を煙に巻いたり、という点である。
 フェアなミステリーを標榜したいのであれば、本来読者に伝えるべき客観的な事実を、登場人物たちの主観的な会話の中に潜り込ませ、小出しに提出したりする。
 たとえば、この物語であれば、時間がとても重要な要素になるのであるが、夜間のどの時刻に、容疑者たちがそれぞれどこにいて何をしていたかが、整理整頓されていない。
 通常の推理小説なら、探偵役が容疑者一人一人に尋問し、本人や第三者の証言からそこを明らかにし、探偵の助手役が(読者の便宜をはかって)時系列で一覧表にでもするだろう。
 そうあってこそ、読者は犯人当て推理ゲームに参加する楽しみが得られる。
 本作は、そこのところが非常に不親切で、時系列をわざと曖昧にしている。
 その結果、読者は簡単に真相に近付かないよう誘導される。
 “公明正大”を謳うエラリー・クイーンの国名シリーズとは対照的と言える。
 若い頃のソルティは、それを作家の狡さと受け取って、カーがあまり好きでなかった。
 今は逆に、読者の鼻面を引きずり回して迷路に陥れるカーの叙述の巧みさを、「天晴れ!」と思えるようになったが・・・。

 ちなみに、本記事の冒頭の解説文も、注意が凝らしてある。
 本作のトリックを知る人なら、ソルティの巧みさを評価してくれよう。



 
おすすめ度 :★★★★

★★★★★
 もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
     読み損、観て損、聴き損

 

 
   

● 元祖リベンジポルノ 本:『ユダの窓』(カーター・ディクスン著)

1938年原著刊行
2015年創元推理文庫(訳・高沢 治)

IMG_20231208_133533

 『三つの棺』『火刑法廷』など、このところカーター・ディクスンまたはジョン・ディクスン・カーの代表作をさらっている。
 いまのところ文句なしのベストワンはこの『ユダの窓』である。
 トリックの巧みさといい、謎解きの妙といい、サスペンスといい、物語の面白さといい、探偵の魅力といい、伏線の仕込みと回収といい、緊密な構成といい、オールマイティの出来栄え。
 これほどの傑作を読んでいなかったのが不思議。
 つくづくカーとは縁がなかった。

 ジェームズ・アンズウェル青年は、ある晩、婚約者の父親エイヴォリーにはじめて会うため、ロンドンに出かけた。二人の婚約はエイヴォリーに祝福されていた。
 しかし、緊張しつつ通された書斎で、ジェームズはエイヴォリーの敵対的な対応を受け、面食らう。
 「お嬢さんを僕にください」
 意を決して口にし、供されたウイスキーソーダに口をつけた途端、ジェームズの意識は朦朧としていく。
 気がつけば、目の前には胸に矢がつき刺さったエイヴォリーの死体があり、窓もドアも内側から鍵の掛かった完全な密室に、ジェイムズと死体だけが取り残されていた。
 誰がどう考えても犯人はジェイムズしかいない。
 ジェイムズの無実を信じる法廷弁護士メルヴィル卿が立ち上がる。

 密室殺人物として巧くできていて、奇抜なトリックにはそれなりの(試してみたくなる)リアリティがある。圧倒的に不利な状況のもと殺人容疑で捕らえられた男をめぐっての検察側と弁護側の息詰まるやりとりが、読む者をとりこにして離さない。
 ソルティは、仕事が休みの日に、JR一筆書き関東大回りをして本書を読み上げたのだが、本書に夢中になるあまり、今自分が何県のどこらあたりを走っているのか分からなくなった。
 カーやクリスティの筆力や発想力に比べられ得る本邦の推理作家は、結局、江戸川乱歩、横溝正史、松本清張だけなんじゃないかなあ。
 単発では素晴らしい作品を書く人はいるが、何十作も続けてある程度の水準で、しかも亡くなったあとも人気が衰えず・・・・となると、なかなかいないように思う。
 特に、人間を生き生きと書く力ってのは天賦の才であろう。

 ユダの窓とは、独房のドアに付いている四角い覗き窓のことじゃ。蓋があって、看守が自分の姿を見られずに囚人を観察できるようになっておる。(本書中の探偵ヘンリ・メルヴェール卿のセリフ)

jail-371016_1280
Frank BeckerによるPixabayからの画像

 “ユダの窓”を使った密室トリックも画期的で面白いし、ジェイムズ青年が陥った死刑必至の危機的状況――気がつけば密室の中に死体と2人きり――を作り出すプロットの精緻さもすごい。
 が、ソルティがなにより感心した(見抜けなかった)のは、名前を利用したトリックであった。
 詳しい説明はしないでおく。

 ときに、犯罪動機に絡んで、ある未婚女性が別れた恋人から恐喝される話が出てくる。
 恐喝のネタは、つき合っている間に撮影した女性のヌード写真。
 いわゆるネットで話題のリベンジポルノ。
 そんなことが20世紀初頭のカーの時代からあったわけだ。
 というより、1826年に世界最初の写真が生まれてからというもの、写真の歴史はそのままヌード写真の歴史であった。リベンジポルノという犯罪もそのとき産声を上げたのである。
 一度は愛し合い、信じ合い、一糸まとわぬ裸体をさらけ出し、写真撮影まで許した男に、別れた後で仕返しされる。
 裏切ったのは男か女か・・・・。
 ユダの窓とは、カメラのファインダーの謂いなのかもしれない。
 
 
 
おすすめ度 :★★★★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
★     読み損、観て損、聴き損






● フェア or アンフェア? 本:『火刑法廷』(ジョン・ディクスン・カー著)

1937年原著刊行
2011早川ミステリー文庫(加賀山卓朗・新訳版)

IMG_20231102_204104

 ディクスン・カーは、アガサ・クリスティやエラリー・クイーンに並ぶ、言わずと知れた本格ミステリー黄金時代の大御所の一人で、早川ミステリー文庫(緑色の背表紙)や創元推理文庫などで数多くの作品が翻訳されている人気作家である。
 いやしくもミステリーファンを自称するなら、その生涯に書き残した80冊以上の全作品とは言わないまでも、一般に評価の高い20冊くらいは読んでおくべき古典作家である。
 
 しかしながら、ミステリーファンを自称するソルティ、『夜歩く』『皇帝のかぎ煙草入れ』『蝋人形館の恐怖』『殺人者と恐喝者』くらいしか読んでおらず、カー作品の読者投票すれば必ずベスト10に入れられる『ユダの窓』『三つの棺』『ビロードの悪魔』そして本作『火刑法廷』は読んでいなかった。
 自分にしてみればそれ自体がミステリーで、「いったいなんでカーを読んでいなかったのだろう?」と不思議千万な今日この頃。

 思い当たる理由の一つは、ディクスン・カーの本が書店や図書館になぜか見当たらないことが多いこと。
 早川ミステリー文庫で言えば、クリスティの赤やクイーンの青は書店や図書館の棚にずらりと並んでいるのに、カーの緑はなぜか目に入らない。(本作を普段は利用しない都内の図書館で見つけた時は思わず驚きの声が出た)
 また、カーの作品は本格ミステリーとは言い条、オカルティックな装いのものが多く、そこがミステリー小説に明晰で日常的な論理を求めるソルティの意に添わなかったこともあろう。(とはいえ、乱歩や横溝正史の怪奇趣味は好き)
 ともあれ、いまだ読んでいない黄金時代の傑作ミステリーを発見できる楽しみが残されているのは、幸いである。

ジョーカー

 本作は題名からして、カーには珍しい法廷サスペンスかと思っていた。
 殺人罪をなすりつけられた若き青年と真相究明の依頼を受けた探偵の孤軍奮闘、あるいは夫殺しの容疑で捕まった美しき妻と彼女を支える敏腕弁護士の世間を敵に回した共闘――って予想であった。
 目次にある章題をみても、「起訴」「証拠」「弁論」「説示」「評決」という法廷用語が並んでいるので、証拠や証人の信憑性をめぐる弁護士と検事との激しいバトルが展開されることを期待したとても無理はあるまい。
 しかるにページをめくると、すでに第1章の第1節からオカルティックな気配濃厚で、「タイトルに偽りあり」という印象が迫ってくる。
 殺伐とし日常的な法廷の光景がかき消され、おどろどろしい中世ゴシック調の洋館が浮かび上がる。
 ただ、そこに失望や落胆はみじんも起らず、一気に好奇心が高まって、小説世界に引きずり込まれてしまい、ページが進んでしまうところが、さすが巨匠の筆力である。

 殺人現場から煙と消えた貴婦人の謎。
 堅牢な霊廟の棺から消えた死体の謎。
 2つの完璧な密室と完璧なアリバイによる不可能犯罪は、秘密の通路や魔女の復活を信じる以外に説明しようがなく・・・・。
 謎が謎を呼び、怪奇が怪奇を生み、興奮が興奮を焚きつける。
 語り口の上手さと怪奇な雰囲気の醸成、緊迫のサスペンスは比類ない。
 これは推理小説なのか? それともオカルト小説なのか?
 いったいどういう結着がつくんだろう?
 真夜中を超えて、もはやページをめくる手がとまらない。

 結末は書かないのがルール。
 が、ディクスン・カー作品ベストテン入りも納得のあざやかな論理的解決が(一応)待っている。
 『火刑法廷』というタイトルも「偽り」でなく、事実に則った本作の内容にふさわしいものであることが分かる。
 傑作の名に恥じない。

 しかしソルティは、本小説の最後5ページが気に入らなかった。
 この5ページさえなければ、黄金時代本格ミステリーの十指に入れたいくらいなのに・・・。
 
 オカルティックな推理小説であっても全然かまわない。
 怪奇色が謎を深め、探偵の推理を混乱させ、雰囲気を盛り上げるのに使われる限りは。
 本作はそこを逸脱している。
 オカルトが論理を、非日常が日常を凌駕してしまっている。
 推理小説のオカルト的解決――ソルティにしてみれば、それは『アクロイド殺し』どころでないアンフェアな結末であり、残念なオチである。
 これをやったら、せっかくの推理が水の泡。
 なんでもありの世界が現出し、推理小説を支える日常的物理法則の根幹が崩れてしまう。
 解説を書いている豊崎由美(書評家)は、逆にそこ(最後の5ページ)が傑作たるゆえんと褒めたたえている。
 見解の相違というものだ。 




おすすめ度 :★★★★

★★★★★ 
もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
★     読み損、観て損、聴き損

 
 
 
 

 

● 本:『殺人者と恐喝者』(カーター・ディクスン著)

1941年原著刊行
2004年原書房

IMG_20200614_100413


 黄金期本格推理小説の大御所の40年ぶりの新訳。
 原題は、Seeing Is Believing 「百聞は一見に如かず」。

 今読むと、殺人トリックも名探偵メリヴェール卿の推理もかなり荒唐無稽で、子供だましな感がする。
 真犯人の殺人動機を隠蔽する叙述トリックもまたフェアとは言い難い。
 しかし、巧みなストーリーテリングと会話の上手さ、そして平易な言葉で簡潔に状況を描写する文章力に、巨匠の腕前を見る。

 クリスティやクイーンもしかり。
 奇抜なトリックや明晰な推理で読者を唸らせる以前に、物語作家としての天分がすごいのだ。
 だから、ついつい夜更かししてしまい、他の作品にも手が伸びてしまい、気づいたら書棚の一角を占めることになる。

 カーター・ディクスンはなぜか未読が多い。
 これからの楽しみとする。



おすすめ度 : ★★

★★★★★ もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損
★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても
★★★   読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった
★★    いい退屈しのぎになった
★     読み損、観て損、聴き損


 
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文