ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

アンソニー・ミンゲラ

● 999年の契約 オペラ:プッチーニ『蝶々夫人』(METライブヴューイング)

上演日 2016年4月2日
劇場 メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)
キャスト
蝶々さん:クリスティーヌ・オプライス(ソプラノ)
ピンカートン:ロベルト・アラーニャ(テノール)
スズキ:マリア・ジフチャック(メゾソプラノ)
シャープレス:ドゥウェイン・クロフト(バリトン)
指揮:カレル・マーク・シション
演出:アンソニー・ミンゲラ

20160515 002


 改築して高層ビルを背負った歌舞伎座を見上げつつ、銀座東劇に足を運ぶ。
 今シーズンのMETライブヴューイングもあと2つの演目(『ロベルト・デヴェリュー』『エレクトラ』)を残すのみ。4月2日に現地で成功裡に幕を閉じた『蝶々夫人』を約一月半後れで視聴した。
 

20160515 003


 このプロジェクトは、『イングリッシュ・ペイシェント』(1996年)でアカデミー作品賞・監督賞を獲得し、マット・デイモン主演『リプリー』(1999年)、『コールド・マウンテン』 (2003年)、『こわれゆく世界の中で』(2006年)などの話題作を次々発表するも、54歳の若さでガンで亡くなったアンソニー・ミンゲラ(1954-2008)が最後に演出した作品として名高い。つまり、ミンゲラの遺作の再演である。
 ソルティははじめて観たが、評判の高さも無理からぬと十分納得し得る見事な演出である。
 明治時代の長崎が舞台のこのオペラに障子や着物や提灯といった日本の伝統的風物が出てくるのは当然であるけれど、それらが純日本式に使われるのではなく、様々にアレンジされ、物語の儚さと幻想性を高めるのに効果的に用いられている。舞台を左右に自在に滑り演技空間を随時作り出していく障子、女たちのまとう極彩色の着物はまさに蝶々、身からさまよい抜けた魂のように宙を舞う提灯、折り紙で作られた影絵のような鳥の群れ、蝶々さんの愛息はなんと文楽人形・・・。これら日本的な文物を、歌舞伎や文楽で我々にとっては馴染みの黒子たちが縦横無尽に操る。日本の伝統芸を演出の根幹におきながら、そこに独創的な工夫や組み合わせの妙を取り入れて、ミンゲラ独自の世界を作り出している。だからこそ、花嫁である蝶々さんではなくて、なんと蝶々さんの母親が、白い角隠しをつけて舞台に登場しても、そこで突っ込みを入れる気にはならないし、吹き出すこともない。
 格調の高さと幻想的な美が融合した幻影のような舞台と言える。

 主役のオポライスはラトヴィア出身のソプラノ。艶のある声と美貌とモデル並みのプロポーション、そして抜群の演技力とを兼ね備えている。声の表現が一本調子で十代の少女の繊細さに欠ける向きはあるものの、失恋の絶望から自決へと向かうクライマックスの鬼気迫る表情と演技は、全ての不備や不満を凌駕する。立ち居振る舞いもいっさいの無駄なく、優美である。
 ピンカートンのアラーニャは、はまり役。能天気な輝かしい力強い高音は、傲岸な若さに満ちた思慮の浅いアメリカ青年を寸分の狂いなくとらえている。実年齢は52歳というから、これは見事な声による表現と言えよう。
 二人の主役と同レベルの喝采に値するのは、スズキを歌ったマリア・ジフチャック。親類縁者に見捨てられ独りぼっちになった蝶々さんに最後まで忠節に深い愛情を持って仕える。主役の蝶々さん以上に伝統的な日本女性の鏡=大和撫子はスズキであろう。ジフチャックはこの地味な役に命を吹き込んで、ただの家政婦・付き人・引き立て役から、蝶々さんの友人・母親代わり・感情の増幅装置へとスズキの位置を押し上げている。まさかスズキの演技に涙するとは思わなかった。
 ジフチャック、誰かに似ていると思ったら、一時世間を騒がせた狂言師和泉元彌の母・和泉節子にそっくりである。

 ときに、蝶々夫人は日本人にとって特別なオペラである。日本が舞台で、登場人物のほとんどが日本人で、日本文化が――いろいろとおかしな点はあるにしても――描かれ、『お江戸日本橋』や『さくらさくら』など日本の唄が採用されているから、というばかりではない。
 ‘戦後の日本人’にとって特別なオペラだと思う。
 このオペラの原作となる物語が、アメリカの弁護士ジョン・ルーサー・ロングによって書かれ、劇作家デーヴィッド・ベラスコによって戯曲化され、ジャコモ・プッチーニによって作曲されたのは19世紀から20世紀の変わり目である。日本は文明開化の真っ只中で、植民地拡張に明け暮れる西欧の列強に脅威を感じ、富国強兵・殖産興業に努める一方、黒光りする船によって‘処女’を奪った男=アメリカのご機嫌をひたすら伺っていた。この日米関係を背景にこの男女の悲劇の物語は生まれたのである。
 それから半世紀。べラスコもプッチーニもさすがに予想しない事態が起きた。
 ――太平洋戦争。アメリカに原爆を投下され、日本は降伏。白船(飛行機)に乗ったマッカーサーがやってきて、GHQによる日本改造が始まった。パンパンという名の‘慰安婦’による米兵接待。あまたに産み落とされたテテなしの混血児。またしても蝶々夫人の再来・・・。
 日本国憲法と日米安保条約とに縛られて(守られて?)、軍隊も武器も持てない日本の国土にアメリカ軍とアメリカの武器とが今も滞留している。いわば‘セカンドレイプ’され、今度は二度と歯向かえないように目隠しに猿ぐつわされて柱に縛り付けられたわけである。
 親切な口ぶりで男は言う。「安心しなさい。お前を他の男から守ってやるよ」
 でも、私たちは薄々気がついている。男には母国に正式な結婚で作った妻子がいて、その家庭の平和と利益を守るためなら、親類縁者から見放された遠いアジアの娘など歯牙にもかけないだろうことを。
 
 政治的な話をするつもりはない。何かを主張したいわけでも、議論したいわけでもない。
 ただ、戦後70年以上続いているこのような日米関係のいびつさの中で『蝶々夫人』というオペラを聴くときに、おそらくは日本で初演されたとき(1921年)に同胞が聞いて感じた以上のある種のやるせなさと哀しさを伴った感慨を、21世紀に生きる日本人が持ってしまうのは無理からぬ話ではないか。蝶々さんの末路に胸がかきむしられるのも仕方ないではないか。
 それだけが言いたいのである。

 ピンカートンが蝶々さんの住む長崎の家を「999年の契約で借りた」とあざ笑うときに、いつも日米安保条約を想起してしまうのはソルティだけであろうか。








 

● 映画:『こわれゆく世界の中で』(アンソニー・ミンゲラ監督)

 2006年イギリス、アメリカ共同制作。

 観終わって、「大人の映画、大人の恋愛」と真っ先に感じるのである。
 欧米、とくにヨーロッパの映画を観て、そう思うことは多い。
 疑問なのは、イギリスやアメリカの鑑賞者たちも同じように感じるのだろうか。つまり、イギリスやアメリカの大人たちも、この映画を見て「大人の映画、大人の恋愛」とあえて思うのであろうか?

 日本人の大人である自分がこの映画を観て、「大人である」が他の何より印象として残るのは、日本の映画に出てくる大人たちや大人の男女の恋愛描写と無意識のうちに比べているからであり、その結果、日本のそれはまるっきり「子供のように」思えるからである。

 では、いったい自分は何を持って「大人」としているのだろう?
 
 大人とは個人として自立(自律)していることであり、大人の関係とは自立(自律)した個人と個人とが、それぞれの「個」をぶつけあいながら、活かしあいながら、支えあいながら、共生していく方法を見つけることである。

 おそらく、自分自身のこういった考えは、近代西洋的価値観にすっかり洗脳されている証拠であろう。
 別に、前近代(たとえば江戸時代)の日本の「大人」像や、イスラム社会の「大人」像(どんなものなのかよくわからないが)を、「大人」としてもいいのだから。

 ともあれ。
 このような「自立した個=大人」としての概念及び実質があるからこそ、この映画のタイトルの意味が生きてくるのであろう。
 Breaking and Entering(壊すこと、関わること)とは、文字通り、ボスニア難民として母親と二人でイギリスにやって来た少年ミロが、主人公ウィル(ジュード・ロウ)の事務所のガラスを破って(Break)、中に押し入る(enter)こと、すなわち強盗を働くことを意味している。と同時に、「個人」という厚い堅い壁に囲われて、互いのなまの心に触れあえなくなっている夫婦や親子や恋人たちの状況について、ミンゲラ監督が最期に送ったメッセージなのであろう。そう、ミンゲラ監督はこの映画を撮った2年後に54才の若さでガンで亡くなったのである。
 
 自らの殻を破れ、相手と関わることを避けるな。
 さもなくば、孤独からの解放もなく、愛もなく、新生もない。

 力強いメッセージである。
 しかるに、2005年にオスカーを取った『クラッシュ』(ポール・ハギス監督)が見事に表現したように、現代人にとって相手と深く関われる手段が、「セックスか暴力か事故」に限られてしまっているところが何とも皮肉というか悲劇的なのである。
 
 ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペンをはじめ、役者も脚本もすばらしく、見応えがある。




評価: B-

参考: 

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 

「東京物語」 「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。

「風と共に去りぬ」 「未来世紀ブラジル」 「シャイニング」 「未知との遭遇」 「父、帰る」 「フィールド・オブ・ドリームス」 「ベニスに死す」 「ザ・セル」 「スティング」 「フライング・ハイ」 「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 「フィアレス」 ヒッチコックの作品たち

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。

「アザーズ」 「ポルターガイスト」 「コンタクト」 「ギャラクシークエスト」 「白いカラス」 「アメリカン・ビューティー」 「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。

「グラディエーター」 「ハムナプトラ」 「マトリックス」 「アウトブレイク」 「タイタニック」 「アイデンティティ」 「CUBU」 「ボーイズ・ドント・クライ」 チャップリンの作品たち   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)

「アルマゲドン」 「ニューシネマパラダイス」 「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ~。不満が残る。

「お葬式」 「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった

「レオン」 「パッション」 「マディソン郡の橋」 「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!


 
記事検索
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文