ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

ジョセフ・ロージー

● ダーク・ボガートはサンジェルマンか? 映画:『銃殺』(ジョセフ・ロージー監督)  

 1964年イギリス映画。

  ロージーがハリウッドにいる時に撮った『緑色の髪の少年』(→ブログ記事緑色の髪の少年)は「戦闘シーンのない反戦映画」と言われるが、この『銃殺』もまた、戦場が舞台であるにも関わらず、登場人物全員が軍服 を着た兵士であるにも関わらず、「戦闘シーンが一切出てこない反戦映画」である。
 最もテーマに直結する主要な場面をあえて描かず、周辺を丁寧に描き込んでいくことでテーマをより効果的に表現するのは、実に洗練された、観る者の想像力を喚起する高度なテクニックと言える。すぐに思い浮かぶのはルネ・クレマン『禁じられた遊び』だろうか。
  ロージーの作品は、こういった寓意的な、暗喩的な、象徴的な、婉曲的な、煙幕的なスタイルを特徴としている。
 そして作家のスタイルというものは、多かれ少なかれ、作家のアイデンティティであるわけだから、ロージー自身が「赤狩りでハリウッドを追われた共産主義かぶれのアーティスト」以上の何かを当然持っていたのであろう。その「秘密」の存在ゆえに、彼の作品は表面上の物語を追うだけではすまされないような不可思議な魅力、奥行き、両義性に満ちていて、一筋縄ではいかない感じを観る者にそのたび与えるのである。
 その「秘密」が何なのかはよく知らないけれど、おそらく、ロージーの「秘密」をもっとも理解し、演技として表現する才能に長けていたのがダーク・ボガードであったのは間違いない。この映画を最後まで観て一番印象に残るのは、脱走の罪で銃殺刑となるハンプ二等兵(トム・コー トネイ)の不運でも、ハンプの刑を決める軍法会議のスリリングな展開でも、「反戦」といったテーマですらなく、ハンプの弁護人となったダーク・ボガードの演技、いや存在感そのものなのである。
dirk-bogarde-by-lubrightside ボガードの存在感が、他のすべての役者、すべての演技、すべてのセリフ、すべてのエピソード、すべての物語を超越して、画面になんだか一種なまめかしいような湿気を与えている。その湿り気は、駐屯地に降る雨の描写によって煙幕のように緩和されているけれども、そうでなければドライな空気が支配するのが通常である男だけの舞台に、ボガートの漂わすウエット感(色気と言い換えてもよいが)はただならぬ不穏を連帯に及ぼさずにはすむまい。物語をまったく別の方向に持って行きかねない破壊力である。

サンジェルマン伯爵 スピリチュアルの世界で有名な人物に、サン・ジェルマン伯爵という、ルイ15世に仕えた貴族で不老不死の力を持つ男がいる。(左肖像)   
ヨーロッパ史上最大の謎の人物とされている。
 映画の中のダーク・ボガードを見ていると、このサン・ジェルマンを思い出す。市井の人間とはかけ離れた、家族や恋人や故郷の存在をなぜだか思いつかせない、不可思議な魅力を醸している。
 その意味では、ダーク・ボガートにこそ、ヴァンパイアを演じてもらいたかったと思う。

 もっとも、彼の代表作である『ベニスに死す』(ヴィスコンティ監督)は、見ようによっては、若い美少年のエキスを追い求める老いたヴァンパイアの姿と言えるかもしれない。あの作品のボガートこそ、もっとも素の自分に近かったのかもしれない。


 ところで、ウィキによると、サン・ジェルマンは1984年から日本に滞在しているという。



評価:B- 

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」
        ヒッチコックの作品たち

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」
        「ボーイズ・ドント・クライ」
        チャップリンの作品たち   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」
        「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!

● ハリウッドが秘したもの 映画:『緑色の髪の少年』(ジョセフ・ロージー監督)

緑色の神の少年 001 1948年アメリカ映画。

 「映画って本当にいいもんですね~。」の水野晴郎氏が選んだ「DVDで観る世界名作映画」シリーズの一本。

 ある朝目覚めたら、髪の毛がすっかり緑色になっていた戦災孤児のピーターは、周囲の好奇の目や差別、学校仲間からのいじめにも負けず、それを戦争の悲惨さを世界に伝えるために自分に課せられた使命ととらえ直し、誇りをもって明るく生きようとする。
 しかし、育ての親はじめ周囲の大人たちの「髪を切れ」という圧力は強く、衆人環視の中、丸坊主にさせられてしまう。


 すでに評価が定まっている通り、戦闘シーンのない反戦映画である。それで誤りはないのだろうが、それだけではない。
 というのは、ジョセフ・ロージー監督は、この作品を取った数年後に「赤狩り」でアメリカを追われ、イギリスに亡命するからだ。世間から危険視され、迫害を受ける緑色の髪の少年の姿に、当時のアメリカ社会における共産主義者(と目された人々)、そしてロージー監督自身を重ね見ることは自然であろう。
 そして、この作品は、「緑色の髪」という寓意的表現を用いることにより、共産主義者に限らず、あらゆる少数者、異端者に対する差別と迫害のありようを描き出すことに成功している。

 少年が床屋の椅子の上で涙を流しながら丸坊主にされるシーンの残酷さは比類ないものである。
 それは、社会の側から見れば、教育であり、矯正であり、脱洗脳であり、受容のための儀式であるが、個人の側から見れば、自由の剥奪であり、自己の放棄であり、魂の崩壊である。
 長い目で見れば、個人の受けた損傷は、結局、その社会自体の損傷にほかならない。なぜなら、他人に許さないものを、人はおのれに与えることはできないからだ。
 赤狩りの過去を持つアメリカが、新自由主義の行き過ぎを止めることができないのはそのせいだろう。

 ジョセフ・ロージーの作品は、日本未公開のものが多く、レンタルショップでもほとんど見かけることがない。自分もオペラ映画である『ドン・ジョバンニ』くらいしか見ていない。(と思う)
 なので、断言はできないのだけれど、どうもこの『緑色の髪の少年』には、同性愛者差別に対するプロテストが潜んでいるような気がする。髪が緑色になった原因を大人たちが追究するシーン(「牛乳のせいか、水のせいか」)や、少年が「自分がなりたくてなったんじゃない!」と叫ぶシーンなど、妙にブライアン・シンガー監督の『X-MEN』(明らかなゲイ映画)と呼応するようなダブルミーニングがある。
 ほかの作品でも、ゲイという噂のあった男優ダーク・ボガートやヴィスコンティお気に入りのヘルムート・バーガーを使っているところ、リズ・テーラー主演の『夕なぎ』の原作はカミングアウトしていたゲイの戯曲家テネシー・ウィリアムズであること、未見であるが『召使』や『秘密の儀式』の同性愛的匂いのする筋書き、などから想像するに、どうもジョセフ・ロージーはゲイセクシュアリティを持っていたのではないだろうか?

 だとすると、この『緑色の髪の少年』は、ヒッチコックの『ロープ』同様、もう一つ深い意味を持った、当時としてはかなり挑戦的な作品と言えるのかもしれない。それは、反戦思想よりも共産主義よりも反米的であったはずだ。両作品が同じ年に撮られているのは、どういう星のめぐり合わせか。

 水野晴郎が選んだ「DVDで観る世界名作映画」シリーズの一本として販売されていた。

 


評価: B+


参考: 





A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 

「東京物語」 「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。

「風と共に去りぬ」 「未来世紀ブラジル」 「シャイニング」 「未知との遭遇」 「父、帰る」 「フィールド・オブ・ドリームス」 「ベニスに死す」 「ザ・セル」 「スティング」 「フライング・ハイ」 「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 「フィアレス」 ヒッチコックの作品たち

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。

「アザーズ」 「ポルターガイスト」 「コンタクト」 「ギャラクシークエスト」 「白いカラス」 「アメリカン・ビューティー」 「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。

「グラディエーター」 「ハムナプトラ」 「マトリックス」 「アウトブレイク」 「タイタニック」 「アイデンティティ」 「CUBU」 「ボーイズ・ドント・クライ」 チャップリンの作品たち   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)

「アルマゲドン」 「ニューシネマパラダイス」 「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ~。不満が残る。

「お葬式」 「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった

「レオン」 「パッション」 「マディソン郡の橋」 「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!

記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文