2011年アメリカ。

 物語前半のなんとも美しい田舎の風景シーン、てっきりCGだと思っていたのである。スピルバーグもついにここまで来たか・・・とちょっとがっかりしながら観ていた。
 見終わったあとに撮影の模様を紹介した付録映像を見ると、イギリスでの屋外ロケなのであった。


 CG技術の進歩の弊害の一つは、圧倒的に素晴らしい実写シーンですら、いや素晴らしければ素晴らしいほど、「どうせCGだろ」と思わせてしまうところにある。CGかそうでないかを見抜ける目があればいいのだろうが、もはやそれを観る者に期待するのは困難なレベルまでCG技術は達している。映画の始まりで「この映画はCGを使っていません」とでも但し書きしてもらえばいいのか。
 CGだろうが実写だろうが、素晴らしいシーンは「素晴らしい」と素直に楽しめばいいのだろうけれど、どうも「CG=人工=ニセ物=手抜き」「実写=自然=本物=手間がかかっている」という固定観念から抜けられないでいるものだから、「CGだろ」と思った瞬間、映画そのものの価値を低く見てしまうのである。


 実際「CGだろ」と勘違いするほど、美しすぎる映像、できすぎる映像が続く。
 飽きさせないストーリーテーリングもキャラクターの魅力も申し分ない。スピルバーグはやっぱりジョン・フォードの正統な後継者である。
 ある意味、この映画は、かつて映画に出演したすべての馬に対するオマージュなのだろう。フォードの馬、黒澤の馬、西部劇の馬、時代劇の馬、戦争映画の馬、牧場の馬、農耕馬、競走馬、少年少女の友としての馬・・・・。


 スピルバーグは偉大である。
 だが、大人の映画は撮れない。
 どんなに重く暗く深いテーマを扱おうが、どんなに映画の中で人が殺されようが、子供に安心して観せられる。子供が面白がって観ることができる。
 意図的なのか、そのようにしか撮れないのか。
 たぶん、後者だろう。
 スピルバーグは、マイケル・ジャクソン同様、ピーターパン(=永遠の子供)なのだと思う。
 彼の映画はもう一つのディズニー映画である。
 



評価:C+


A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」
        「ボーイズ・ドント・クライ」
   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」
        「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!