ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

ゾンビランド

● すべてはCになる 映画:『カミングアウト・オブ・ザ・デッド』(ケヴィン・ハメダーン監督)

 2009年アメリカ映画。

 原題はZOMBIES OF MASS DESTRUCTION
 訳すと「大量破壊ゾンビ」。
 実際には存在しなかった大量破壊兵器(Weapons of mass destruction)があるとして、2003年イラクに戦争を仕掛けたアメリカ国家を揶揄しているのだろう。今度は、幻の兵器の代わりに、甦った死者をイラク人テロリストがアメリカに仕掛けたわけである。
 カミングアウト・オブ・ゼ・デッド(「死のカミングアウト」)はまったくの邦訳、というか日本の配給会社が作ったオリジナルの英語タイトルなのだと思うが、見事なタイトルの変換である。ゲイの息子が母親に自らのセクシュアリティをカミングアウトするという話の中のエピソードにも合っているし、そのまま直訳すれば「死者が外に出て来る」ともなる。
 優秀邦題賞を与えてもよい。

 はじめてゾンビ映画を観たのは30年以上前のことになる。ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』(原題:"Zombie/Dawn of the Dead")である。
 その時の恐ろしさ、気持ち悪さ、不吉さ、後味の悪さを今もありありと覚えている。
 正統的ホラー&スプラッターの走りと言っていいだろう。
 以後、続々とゾンビものは作られていくことになるが、2004年の『ショーン・オブ・ザ・デッド』(エドガー・ライト監督)、2009年の『ゾンビランド』(ルーベン・フライシャー監督)、そしてこの映画に見るように、ゾンビ映画はもはや正統派のホラーとしては成り立たない。恐ろしさも残酷さもある程度極まってしまうと飽きてくるので、お決まりのゾンビの来襲に+アルファが求められてくる。で、+アルファは何かと言えば、ブラックジョークやドタバタ、すなわちコメディ要素ということになる。
 なぜなら、「お決まりの演出=お約束ごと」という世界は、どう転んでもシリアスなものにはなりえないからだ。

 ゾンビ映画に限らず、すべての物語は最終的にはコメディとして終焉するほかない。恋愛ドラマも、家族愛も、エイリアンとの死闘も、SFも、アクションも・・・・。
 なぜなら、人々は遅かれ早かれ「物語」そのものに飽いてくるからである。「物語」を幻想と知って、「物語」の仕組みを見破って、その「お決まりの」罠に気づくようになる。
 しかし、人は「物語」を必要とする心は持ち続ける。
 結局どうなるかと言えば、「メタ物語化」が始まる。つまり、「物語」に巻き込まれないで、それと一定の距離を置いた地点で、「物語」の機構そのものを愉しむ位置に立つのである。
 これが、ユーモア、ブラックジョーク、喜劇の生まれる土壌である。

 シェークスピア(『テンペスト』)もヴェルディ(『フォルスタッフ』)もたくさんの物語を書いた最後の最後に喜劇を持ってきたのは、そういうことなのではないだろうか。

 すべての物語はコメディにつながる。
 すべての人生も。



 この作品中の最高のジョーク。

 ゾンビに囲まれた教会に立てこもる人々に対して、牧師がここぞとばかり説教する。
牧師 「皆の衆よ、心配するでない。我々には史上最強のゾンビがついている。」
人々 「??????」
牧師 「イエス・キリストだ」

人々、拍手。




評価: B-

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」
        ヒッチコックの作品たち

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」
        「ボーイズ・ドント・クライ」
        チャップリンの作品たち   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」
        「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!

 

● オタクかゾンビか? 映画:『ゾンビランド』(ルーベン・フライシャー監督)

 2009年アメリカ映画。

 スパッ、ビューッ、ドボドボ、ガブッ、ドロドロ、ゲボゲボのスプラッタムービー。
 こういうのが苦手な人には絶対におすすめできない。


 掛け値なしのB級映画である。
 が、制作費を4倍以上上回る大ヒットを記録。各地の映画祭での評判も高かったようだ。コメディ映画の往年の人気スターであるビル・マーレイが本人役で出演していて、あっという間に非常にオマヌケな情けない殺され方をするのも見ものである。


 スプラッタは好きではないが、「生き残るために必要な32のルール」設定など、語り口にいささかのセンスのよさが感じられたので、我慢して見続けたら、単なるスプラッタではなかった。
 スプラッタの部分をのぞけば、主人公の青年コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)の成長物語となっているのだ。その意味では西洋の伝統的なビルデュングスロマン(教養小説)の系譜に連なる。
 ただし、いにしえの成長物語は、「世間知らずの若者が夢や野心を持って社会に飛び出すが、厳しい現実にぶつかって挫折する、または幻滅する。が、その過程で、友情や愛を育み、新たな目で世間を見ることを覚え、大人になっていく」というパターンであった。『真夜中のカウボーイ』や『ソフィの選択』が典型的である。
 現在のそれ、少なくとも、この作品で描かれたそれはいささか異なる。
 「ひきこもりでオタクの若者がどうしようもない周囲の状況から否応なく社会におっぽり出され、同じようなハミダシ者たちと出会い、共通の敵と闘いながら友情や愛を育み、世間とは違った価値観を生きる自分を肯定していく。」


 昔は、「社会化すること=世間に同化すること=成長」という図式があったが、今では「社会」も「世間」も必ずしも成長のゴールではない。そこにいるのが死にぞこないのゾンビばかりだとしたら、社会化に何の意味があろう? オタクから脱皮してゾンビになるのではつまらないではないか。
 ゾンビとの血みどろの戦いをくぐり抜け、生まれてはじめて「仲間」を見つけたコロンバスの最後の気の利いたせりふが、B級スプラッタコメディに過ぎなかったこの作品を、現代社会とそこに生きる孤独な人々を揶揄するB級風刺作品へと不意に変貌させる、その鮮やかさに感服した。




評価: B-

参考: 

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 

「東京物語」 「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。

「風と共に去りぬ」 「未来世紀ブラジル」 「シャイニング」 「未知との遭遇」 「父、帰る」 「フィールド・オブ・ドリームス」 「ベニスに死す」 「ザ・セル」 「スティング」 「フライング・ハイ」 「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 「フィアレス」 ヒッチコックの作品たち

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。

「アザーズ」 「ポルターガイスト」 「コンタクト」 「ギャラクシークエスト」 「白いカラス」 「アメリカン・ビューティー」 「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。

「グラディエーター」 「ハムナプトラ」 「マトリックス」 「アウトブレイク」 「タイタニック」 「アイデンティティ」 「CUBU」 「ボーイズ・ドント・クライ」 チャップリンの作品たち   

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)

「アルマゲドン」 「ニューシネマパラダイス」 「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ~。不満が残る。

「お葬式」 「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった

「レオン」 「パッション」 「マディソン郡の橋」 「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!

 

記事検索
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文