ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

ドヴォルザーク

● 作曲家の霊格 :ガリマティアス・ムジクム第38回定期演奏会


ムジクム


日時 2017年7月30日(日)14:00~
会場 武蔵野市民会館大ホール
曲目
  • ロッシーニ : 歌劇『セビリアの理髪師』序曲
  • シベリウス : ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
  • ドヴォルザーク : 交響曲第8番 ト長調
アンコール
  • J.S.バッハ : 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番よりルール
  • ドヴォルザーク : スラブ舞曲第1集より 第8番
指揮 広井 隆
ヴァイオリン独奏 印田 千裕

 武蔵野市民文化会館は、JR中央線三鷹駅北口から文化会館通り(通称「かたらいの道」)を歩いて15分ほどのところにある。ホールの前に大きなヒマラヤ杉が威風堂々たる姿をさらしていて、その前を五日市街道が走っている。五日市街道と文化会館通りの交差する一角に、庚申塚が丁寧に祀られている。


170730_1618~01
 

170730_1607~01
武蔵野市民文化会館

170730_1350~01
ヒマラヤ杉

170730_1608~01
庚申塚


 ガリマティアス・ムジクムという楽団名は、モーツァルトの作品『音楽のおしゃべり』(K.32 Galimathias Musicum)から取ったとのこと。東京学芸大学出身者を中心に1980年設立され、現在のメンバーは見たところ50~60代中心だろうか。出演者紹介を見ると、女性39人中、「○○子」のつく名前が17名である――ってどういう統計よ(灸)。
 第1回から指揮している広井隆はオケの常任指揮者的存在であろう。

 客席の最後尾である2階席後方に座ったが、演奏始まってすぐ気づいたのは「響きがいい!」。ヒマラヤ杉のせいとは思えぬが、良いホールである。客席も傾斜があり、舞台がよく見える。

170730_1553~01

 
 『セビリアの理髪師』はとても楽しい心はやる曲。コンサートの最初に持ってくるのにぴったりである。
  
 シベリウスのヴァイオリン協奏曲。美しく柔和で滋味深い。やはり、シベリウスは日本人の感性に合う作曲家だと思う。派手でなく、お仕着せがましいところもなく、父性的(=キリスト教的)でない。自然描写にすぐれた人ではあるが、この協奏曲では「北欧のラフマニノフ」とでも言いたいような、優美かつメランコリックな調べが人間的である。

 ドヴォルザーク交響曲8番もまた、テレビ朝日の長寿名番組『世界の車窓から』を思い出させるとっつきやすい曲である。それもそのはず、ドヴォルザークは鉄っちゃんだったらしい。「機関車が手に入るなら、私のすべての曲を捨ててもかまわない」と言ったとか。
 もう親近感100%
 アントニン・ドヴォルザークの伝記を読んだことはないのだが、曲だけの印象から「とても純粋で誠実で廉潔な人」というイメージが湧く。ブラームスやチャイコフスキーやマーラーの「のたうつような苦渋」と較べると、なんとも明るく牧歌的。といって「浅い」のかと言えば、そんなことはない。『遠き山に日は落ちて』で知られる交響曲第9番『新世界より』第2楽章なんか、よく聴くと非常に深くて荘厳である。もっとも大衆的な人気曲『ユーモレスク』も、明るく軽やかな曲想の中に諦念に近い哀感が滲んでいる。
 この交響曲8番も、どこまでも広がる平和な田園風景やダイナミックな峡谷風景の中に、天上的な導きを感じとる。
 霊格の高い人だったのだろうか。

ドヴォルザーク
アントン
 
 帰りは、三鷹駅前の喫茶店で一服する。
 三鷹駅は昔から、南口(三鷹市側)は発展しているが、北口(武蔵野市側)は野暮ったくて開発から取り残されたイメージがあった。
 久しぶりに歩いてみたら、立場が逆転したかと思うほどの刷新ぶり。おしゃれな大人の文化都市といった装いにびっくりした。
 国立を目指しているのか?


170730_1629~01


170730_1827~01
夕なずむ 三鷹駅北口
 


 




● 全米的! : OB交響楽団第192回定期演奏会

日時 2月12日(日)14:00~
会場 杉並公会堂大ホール(東京都)
曲目
  • シベリウス/交響詩「フィンランディア」
  • チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
  • ドヴォルザーク/交響曲9番ホ短調 作品95「新世界より」
  • (アンコール)ドヴォルザーク/スラブ舞曲 第1集 第1番
ヴァイオリン独奏 大島茜(OB交響楽団コンサートマスター)
指揮 松岡 究

 30分前に会場に着いたら、すでに95%(1190席×0.95≒1130席)の充填率。あと10分遅かったらアウトだった。指揮者を正面から見下ろす、オケの後方上部にある席にかろうじて座れた。ここから見渡すと、びっしり埋まった客席が壮観である。
 長い伝統を誇るOB交響楽団の人気と大量の招待状投与。五大ヴァイオリン協奏曲の一つとクラシック随一の有名曲『新世界より』というゴージャス極まりない組み合わせ。満員御礼も無理ないと思うのだが、やっぱりここ最近のクラシック人気はただごとではない。定年退職した頃合いの男性一人客、あるいは高齢のカップルが多いように見受けられる。
 ソルティの隣に座った初老カップルは、妻のほうが亭主に本日のプログラムの内容についてあれこれ指南していた。
「チャイコフスキーって同性愛だったのよ。最後はそれがばれて毒を飲んで自殺したのよ」
「ドヴォルザークは50歳過ぎてからアメリカに招かれて『新世界』を作曲したんだけど、ホームシックになってチェコに戻ったのよ」
「松岡究(はかる)さんの愛称はキュウちゃんっていうのよ」
 
 シュワッ!
 

ob交響楽団全米的 002
杉並公会堂はウルトラマン誕生の地とされている


 今回は一曲目から躍動感ある選曲で、会場のボルテージが瞬く間に上がった。この雰囲気のまま2曲目のヴァイオリン独奏者にバトンタッチされていくのは賢いやり方と言える。
 チャイコのヴァイオリン協奏曲は、まことに甘美でロマンチィクで情熱的な名曲であるが、ヴァイオリニストには超絶技巧が要求される。チャイコフスキーから渡された楽譜を見た当時ロシア最高のヴァイオリニストであったレオポルト・アウアーが、「演奏不可能」と言って初演を拒絶した話は有名である。実際、初演は惨憺たるものであった。
 超絶技巧(=難解さ)はCDで聴くだけでも十分わかるのだが、今回たまたまステージの上というヴァイオリニストの左手の動きがよく見える位置に座したこともあって、本当に凄いテクニックが要求される曲であることが実感できた。唖然とする指捌きだ。
 連想したのは、フィギアスケートである。
 
 ここ数年、男子のフィギアスケートは四回転ジャンプの競い合いになっている。一つのプログラムに四回転を何回入れることができるか、何種類の四回転を跳ぶことができるか、四回転と三回転を組み合わせた連続ジャンプができるか・・・といったことが、勝敗を決めるポイントになっている。四回転を跳べない選手はもう国際大会で上位に入ることはできないだろう。
 だが、このような状況になったのはつい最近のことで、数年前まで四回転ジャンプができる男子選手はロシアのエフゲニー・プルシェンコやアレクセイ・ヤグディンなど数名に限られていた。四回転を決めたプルシェンコが、三回転しか跳ばなかったエヴァン・ライサチェクに金メダルを許したバンクーバ・オリンピック(2010)は記憶に新しい。高橋大輔は四回転ジャンプにこだわり特訓を続けていたが、本番ではなかなかきれいに決めることができなかった。(それだけに応援する側もハラハラし通しであった)
 それが今や「四回転できぬは人にあらず」の勢いで、次から次へと若い選手がポンポン決めている。
 世界で最初に四回転ジャンプに成功したのは、カナダのカート・ブラウニングで1988年のことである。それまでは、「三回転が人間の限界、四回転は夢のまた夢」みたいなものであったろう。
 人間の潜在能力&学習能力というのはすごいものである。どんな難題でも、だれか一人が「できる」ことを証明してしまうと、どんどんと後続が現れる。
 
 このチャイコのヴァイオリン協奏曲も、一流ヴァイオリニストによる「演奏不可能」の烙印を裏切って、今日では日本のアマチュアオーケストラのコンサートマスターが何の造作もなく(のように見える)完璧に弾ききってしまうのである。
 もちろん、テクニックは前提条件であり、そこから真の表現行為はスタートするのであるが・・・。
 この曲は映画『オーケストラ』で主役を演じている。聴いていると、どうも映画のシーンがあれこれ浮かんでくる。『ベニスに死す』とマーラー5番のように、映像とクラシック音楽との完璧なる結婚の一例であろう。

windspiel-972927_960_720


 『新世界より』は徹頭徹尾‘気合い’のこもった迫力ある演奏であった。座席位置のせいかもしれないが、金管楽器の音がよく響いて、実にカッコよく勇壮で気分爽快。自信を持って吹いているところが、さすがベテラン揃いと感じた。「ブラボー」も盛大な喝采もアンコールも当然と言える好演。満席の圧力が指揮者とオケのメンバーを奮い立たせたのであろう。

 ソルティは『新世界より』を聴くといつも「全米的」と思うのだが、この曲は標題音楽ではないので、ドヴォルザークは別にアメリカを描写しようとしたわけではないと言う。
 いったいなんで「全米的」と感じるのだろう?
 今回その答えが分かった。
 ソルティが「全米的」と感じるのは、この曲からマールボロ風なもの、つまり西部劇的なものを聴き取るからである。とくに第一楽章にその傾向が強い。馬に乗ったカウボーイが夕陽に向かって走り去っていくイメージが連想されるのだ。

bryce-canyon-943445_960_720

 
 だがこれ、順番が逆なのだ。
 ソルティが幼いころから父親と一緒にテレビで見ていた西部劇(主として50~60年代に制作されたもの)に使われていた音楽こそが、『新世界より』をはじめとするドヴォルザーク作品の影響を色濃く受けていると考えるのが理にかなっている。
 たとえば、「マールボロCM」のテーマすなわち映画『荒野の七人』、『大脱走』、『十戒』、『ゴースト・バスターズ』のBGMを作曲したエルマー・バーンスタイン(1922-2004)は、もともとクラシック音楽を学んでいた。ドヴォルザークがアメリカに招かれたのも、アメリカの音楽に新たな風を吹き込まんためだったのである。

 アメリカのクラシック作曲家の多くは、19世紀後半まで完全にヨーロッパのモデルの中で作品を作ろうとしていた。高名なチェコの作曲家、アントニン・ドヴォルザークは、1892年から1895年にかけてアメリカを訪れた際に、アメリカのクラシック音楽は、ヨーロッパの作曲家の模倣に代わる新たな独自のモデルが必要だと繰り返し語り、その後の作曲家がアメリカ独自のクラシック音楽を作るきっかけとなった。(ウィキペディア「アメリカ合衆国の音楽」より抜粋)
 

 考えてみたら、アメリカに足を踏み入れたことのないソルティが、何を持って「全米」をイメージするかというと、これまでに読んだアメリカ小説や漫画(ピーナッツシリーズ等)、これまでに観たアメリカ映画やテレビドラマやミュージカル、これまでに聞いたアメリカの音楽(ポピュラーソング、黒人霊歌、ジャズ、カントリーソング、映画のサントラ)などの材料から作った「ごった煮」なのである。19世紀末のドヴォルザークの訪米は、この「ごった煮」の味付けに相当影響しているのではなかろうか?
 
 『新世界より』終了後、万雷の拍手の中で初老カップルの亭主が妻にささやいた。
「この曲途中で『遠き山に日は落ちて』が出てきろう? ドヴォルザークは日本に来たことあるのかな?」
 
 「全米」が『新世界より』を生んだのではなく、『新世界より』が「全米」を産み落としたのかもしれない。
 

ob交響楽団全米的 001


● すばらしき新世界! :ISP第2回定期演奏会

ispオケ

日時 2016年11月19日(土)19:00~
会場 杉並公会堂大ホール
曲目
  • ドヴォルザーク/《謝肉祭》序曲 作品92
  • ツェムリンスキー/交響詩《人魚姫》
  • ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」
指揮 田中 健
入場無料


 「新世界」と言えば通天閣。
 通天閣と言えば串かつである。
 
通天閣


 もとい、「新世界」と言えば「家路」。
 「家路」と言えばキャンプファイヤーである。
 ソルティも子供の頃、仲間と火を囲んで歌った記憶がある。

遠き山に 日は落ちて
星は空を ちりばめぬ
きょうのわざを なし終えて
心軽く 安らえば
風は涼し この夕べ
いざや 楽しき まどいせん
まどいせん 
(作詞:堀内敬三)

 最後の「まどいせん」の意味がわからなくて、何か‘水道栓’に似た‘まどい栓’というものがあるのだろうと思っていた。一日の終わりに、点灯夫が街灯を消していくように、職人が一個一個‘まどい栓’を締めていくのを見るのが「楽しき」なのだろうと漠然と想像していた。
 もう少し大きくなってからは、「惑いせん」と解釈した。「さあ、惑いましょう」という意に。「楽しき」と「惑い」は矛盾する語彙であるが、おそらくこの「惑い」は「あれこれ考える」という意味なのであろう。忙しかった一日の終わりに、今日あったことをあれこれと思い出してはホッとくつろぐといった感じだ。
 「窓居せん」という正解に気づいたのはいつだったろう?
 謎はすっきり解けたのだが、「なんだつまらない」という落胆のほうが大きかった。
 この歌に限らず、子供の頃は歌詞の意味も知らずに(知ろうとせずに)歌っていることが多いものだ。「仰げば尊し」とか「蛍の光」なんかもそう。「君が代」もしかり。言葉の意味や歌詞ではなく、メロディと語感のマッチングの妙を味わう楽しさがあったのだ。

 「家路」にはもう一つ野上彰による作詞もある。

響きわたる 鐘の音に
小屋に帰る 羊たち
夕日落ちた ふるさとの
道に立てば なつかしく
ひとつひとつ 思い出の
草よ 花よ 過ぎし日よ
過ぎし日よ

 どっちがいいか、歌うまでもなかろう。
 最後のフレーズは「まーどいーせん」以上にしっくりくる言葉は考えられない。

 さて、ISP (Innovation in Sounds Philharmonic)は、2015年11月に旗揚げ(っていうのかオケの場合も?)した新生オケで、『音楽を通して新しい「価値視点」を実験する』という、野心的かつ創造的なミッションを掲げている。
 その言や良し。
 どうやら、指揮者の田中健(1977年生まれ)が中心となって立ち上げたらしい。

 旗揚げ公演は、気になりつつも残念ながら行けなかった。
 2回目となる今回、杉並公会堂大ホールの1階は8割ほど埋まった。ざっと600人くらいか。2回目の公演でこれだけ集められるのは、(入場無料であるにしても)すごいことだ。
 会場は老若男女のバランスが良い。世代を超えて愛される一番の音楽はやはりクラシックなんだろうなあ。
 舞台向かって右側、前から10列目あたりに腰を据えた。

 《謝肉祭》は、躍動感あふれる曲で、コンサートの最初に持ってくるのにぴったり。うまくいけば、観客を一瞬にして演奏に引き込むことができる。
 ここで、ISPオケの思い切りの良さ、熱のこもった演奏を実感した。いや、体感した。「失敗を恐れずに全身全霊で」というのが信条なのかもしれない。気合いのこもった音は気持ちいいものである。

 《人魚姫》は、だれもが知ってるアンデルセン童話である。
 
陸の上の王子様に恋した人魚姫は、声と引き換えに魔法によって人間に変身し、お城に住み込む。しかし、憧れの王子様は別の女性と結婚することになり、人魚姫の命は風前の灯し火。助かるためには愛する王子を魔法の剣で殺さなければならない。人魚姫は迷った挙句、自らの命を犠牲にし、海の泡と消えゆくのであった。
 
人魚姫

 
 悲しい話である。
 ヴェルディの『椿姫』同様、失恋と自己犠牲という二大催涙ポイントを抑えているところが、この童話の永遠の人気の秘密であろう。
 ツェムリンスキーの音楽ははじめて聴くが、名前だけはどこかで見た覚えがあった。
 配布されたプログラムを読んで合点がいった。
 
ツェムリンスキーの弟子には、ヴァイグルやコルンゴルドらがいたが、注目すべきはアルマ・シントラーとの関係である。二人は一時期恋仲であったが、最終的に彼女はグスタフ・マーラーを選ぶ。結婚式は1902年3月9日に行われたが、ツェムリンスキーが《人魚姫》のスケッチを開始したのはちょうどその数週間前のことだった。彼の失恋がこの作品と結びつけて論じられるのはこうした理由からである。
 
 そうか。マーラーの伝記を読んでいて出会った名前だ。
 社交界一の美女アルマに一目惚れしたマーラーは、音楽業界では下位のツェムリンスキーからアルマを奪った。アルマもそれを良しとし、ツェムリンスキーを捨てたのである。
 恋する王子様を他の女に奪われ絶望したものの、苦悩の末に自己犠牲を選んだ人魚姫と、恋するアルマを師匠とも仰ぐマーラーに奪われ絶望したものの、二人を許して身を引いたツェムリンスキーとは、まさに同じ境遇の悲劇の主人公だったのである。
 その意味では、この曲には作曲家自身の体験や感情の裏打ちがある。
 
 そうと知って聴いたからかもしれないが、名曲である。
 美しく、切なく、悲しく、ヴィジュアルを喚起する。全編、海の風景が浮かんでくる。バレエにしても面白いのではないだろうか?
 全楽章通じて繰り返し登場する美しくも艶かしい「人魚姫のモチーフ」こそは、マーラーの「アルマのテーマ」と酷似している。つまり、ツェムリンスキーが人魚姫の音楽的モデルとして想定したのは、自分を捨てた(だが今も愛している)アルマだったのではないかと思う。
 なんともいじらしい(いじましい?)男心よ。女性にはわからんだろう。
 
 ISPの演奏は、波のようにダイナミックで、北欧の海の暗さと冷たさと神秘性とが宿っていて、見事な描写であった。

 面白いのは、この曲の楽譜はツェムリンスキーの没後(1942年)行方不明になってしまい、1980年になってウィーン(第1楽章)とアメリカ(第2、第3楽章)で発見されたとのこと。蘇演は1984年。
 実に40年以上経って人魚姫は蘇ったのである。もちろん、今度は自分がコキュ(cocu)にされたマーラーも、マーラー亡きあと多くの男達と浮名を流したアルマも、とうに昇天している。
 人生は短し、芸術は長し、女は強し。
 
 ラストの《新世界》
 ここ最近ソルティが聴いたアマオケの曲の中ではトップクラスの名演であった。
 曲そのものの偉大さをくっきりと浮き立たせるスケールの大きい演奏で、新鮮さ、驚き、迫力、郷愁、甘美、哀愁、素朴な信仰、勇ましさ、雄大な自然、活気ある庶民・・・といった「新世界(=全米)」的要素が見事に描出されていた。「家路」(第2楽章)の美しさは目頭を熱くした。
 指揮者の曲に対する愛情と理解の深さのほどを察しられる熱演。
 また、コンサートマスター鈴木悠太のヴァイオリンの艶ある音色とリーダーシップ、コントラバス奏者の音楽と一体になったかのような白熱ぶり――あれほど激しく揺れ動くコントラバスは見たことがない――も印象に残った。
 次回も聴きたいオケの一つとなった。 
 
 クラシック音楽は‘気’を活性化すると前に書いたが、今回のコンサートでは二曲目の《人魚姫》でいきなり胸のアナハータチャクラに強いうずきが生じた。(過去の失恋経験の蘇りか) それが曲の最後までずっと続き、クライマックスで海の泡となった人魚姫が空気の精となって天に昇っていく場面で、まさに胸の‘気’が喉を通過して額の中心(アージュニャーチャクラ)に昇った。ピコピコ点滅する光は曲の終了とともに頭頂に移動し、頭のてっぺん(サハスラーラチャクラ)が温かく明るい雲に覆われたかのようにボワッとなった。
 そのまま休憩入りして、《新世界》では頭頂に憩うていた‘気’の塊が「家路」で最高潮の輝きを放ち、第3楽章の民族音楽風スケルツォで背中をスッと下りて、第4楽章のホルンとトランペットによる勇壮な第1主題で「ありのとわたり(陰部と肛門の間、ムーラダーラチャクラ)」をパコパコと圧迫した。なんともこそばゆい、気持ちいい感覚。
 その後、生殖器(スワディシュターナチャクラ)にしばらく留まった‘気’は、全曲の終了とともにへその下の丹田(マニプーラチャクラ)に終着した。
 つまり、体の前面から始まって、上昇し、頭頂を通って、背面を下降し、股下を通って前面に戻る。上半身を後ろ周りに一周したのである。
 これは気功でいうところの「小周天」というやつらしい。
 
 気の流れが良くなったせいか、会場を出たソルティの目に、夜の杉並の街は輝いて見えた。
 あたかも「新世界」のように。


 
 

記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文