ロンドンゾンビ紀行 2012年イギリス映画。

 見るからにB級臭がぷんぷん匂ってくるパッケージデザインとタイトル。
 ありとあらゆるバリエーションを極めたゾンビ映画にまだ新基軸が残っているのか。

 原題はCockneys vs Zombies
 Cockneysは、イーストエンドに住む生粋のロンドンっ子。労働者階級の多い、いわゆる下町。オードリー・ヘプバーンが演じたミュージカル『マイ・フェア・レディ』のイライザの出身地区である。
 その意味で、英語が理解できたらもっと面白いだろうに・・・と残念に思わざるをえない。おそらく下町訛り炸裂のはずだから。
 Cockneys(下町っ子)の度胸と根性を見せてやるぜ。ゾンビ、この野郎、なめんじゃねえぞ!
 というのがテーマなのだが、新基軸は今回ゾンビと死闘(?)を繰り広げるのが老人ホームの老人たちであるというところ。言ってみれば「死に損ない同士の」闘いである。
 これが笑える。
 あの独特の歩き方と速度で追っかけてくるゾンビから、必死で逃げるのは歩行器を操る足の悪い老人。捕まりそうで捕まらないところがスリリング、というか滑稽である。幾分健常な仲間の老人は、武器ならぬ車椅子を手に救出を図る。
 死が迫っている老人たちでもやはりゾンビになりたくないのか。
 いや、ゾンビになればもはや死ぬことはないのではないか。
 ゾンビになったら、車椅子の老人も歩けるようになるのか。
 ・・・・・
 いろいろな疑問が生じつつ、ブラックジョークと言えるほどの皮肉や意地悪さは感じさせない、底の浅いナンセンスな展開にB級の心意気を感じる。

 主役の兄弟の弟のほうを演じるハリー・トレッダウェイがキュートで赤丸急上昇!




評価:C+


A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」       

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」
        「ボーイズ・ドント・クライ」

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!