ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

佐渡裕

● TOKOROZAWA より愛をこめて : オーケストラ マトリョーシカ第9回公演

マトリョーシカ 004


日時 2016年9月18日(日)14:00~
会場 所沢市民文化センターミューズ大ホール
指揮 森川慶
曲目
  • ヴェルディ:歌劇『運命の力』序曲
  • フォーレ:管弦楽組曲『ペレアスとメリザンド』
  • ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』
  • アンコール エルガー:『エニグマ変奏曲』第9変奏

 西武新宿線「航空公園」駅を出ると、駅前広場にかつてエアーニッポンで運行されていたYS-11旅客機がドデンとでかい図体を晒しているのがいやでも目に入る。ここ所沢は「日本の航空発祥の地」として知られている。(知られている?)
 なんでも、1911年(明治44年)に航空の父とよばれる長岡外史が私財を投じ土地を購入し、日本初の航空機専用飛行場をここにつくったのがはじまりだとか。
マトリョーシカ 001

マトリョーシカ 002


 所沢ミューズは駅から歩いて10分のところにある。
 この時期、ホールの前に植えられている百日紅(さるすべり)の花が満開で、いい目の保養になる。


マトリョーシカ 003

20160925_151415

  
 ここでソルティはこれまでの人生で最も感動的な《第九》を聴いた。
 何年前か忘れた。管弦楽団も覚えていない。
 指揮は佐渡裕であった。 
 演奏中、とにかく佐渡裕の後姿しか目に入らなかった。会場の後方に座っていたのに、まるでほんの数メートル先で振っているかのような錯覚すら生じた。
 そして、その演奏たるや・・・・!
「はじめて《第九》を聴いた」と思った。
「これまで何十回と聴いていたのは違う楽譜によるものだったのか?」
 そのくらい鮮烈で生命力あふれる演奏であった。
 やっぱり世界的指揮者は違う。
 この演奏会がより鮮明に記憶に残ったのは、開演前のアナウンスによる。
 プログラムを読みながら、携帯電話の電源オフや撮影禁止などのお決まりの諸注意を聞き流していたソルティの耳に、「へっ?」とするような文句が飛び込んできた。
「本日ご来場いただいたご記念に所沢産のサトイモがご用意してあります。どうぞ皆様、お帰りの折には一人一袋ずつお持ち帰りください」
 場内は爆笑の渦。
 《第九》とサトイモ。結びつかなかった。
 さすが埼玉である。

サトイモ


オーケストラ・マトリョーシカは、防衛医大卒業の医官である森川が指揮者となり、防衛医大在学中(2003年)に設立したオーケストラです。設立当時は防衛医大学生を中心に活動しておりましたが、現在は社会人を中心とするオーケストラとして、活動を行っています。現在は1年に1回ほどのペースで不定期ではありますが、演奏会を行っております。これまで古典派から後期ロマン派の交響曲や組曲を中心に、幅広く作品を取り上げてまいりました。(公式ホームページより抜粋)

 マトリョーシカという名の由来は、もともとロシア音楽を多く取り上げていたことに依るものだろう。
 
 歌劇『運命の力』序曲が始まってすぐ、マトリョーシカの実力に感心した。
 上手い。
 アマオケの中でも上位に入るのではないか。
 全体によく統一された安定感がある。舞台上の楽団員のルックスや振る舞いも含めて、「規律正しい」という言葉が浮かんできた。
 思うに、これは防衛医大の学生やOB(つまり自衛官)を中心とするメンバーカラーによるんじゃないか。他の学生オケや社会人オケとくらべると‘雑多感’がないのだ。良く言えば「粒が揃っていてまとまりがある」、悪く言えば・・・・・・・まあ、やめておこう。
 
防衛医大(防衛医科大学校)は、医師である幹部自衛官の養成や、自衛隊の医官(旧軍の軍医に相当)の教育訓練を目的に昭和49年(1974年)に開設された。

行政機関の分類上は防衛省の施設等機関に分類され、文部科学省が所管する大学とは異なるが、医科大学に準じた取扱いがなされている。学科学生の場合、卒業後は、医科幹部候補生として陸上・海上・航空の各幹部候補生学校で約6週間の教育訓練を受け、医師国家試験に合格後、幹部自衛官(2等陸・海・空尉)に任官する。

学生は、大学校敷地内の学生舎での集団生活が義務付けられており、集団行動と規則正しい生活により、自衛官としての礼儀作法を身につけることとなる。(ウィキペディア「防衛医科大学校」より抜粋)

 「集団行動、規則正しい生活、礼儀作法」なんて今や死語に近い。アマオケ、プロオケ問わず、メンバー全員が日常生活でこれらの徳目を尊重し実践できているところなど、まずないだろう。「道徳と音楽(芸術)の質は関係ない」とするのが当世風だろうし、実際、大作曲家や大芸術家の人生を思えば、むしろ「道徳と音楽(芸術)の質は反比例する」と言いたいところである。
 そしてまた、指揮者なりオケのリーダーなりが、音楽(演奏)を離れたところまで個々のメンバーの生活態度や生活信条に介入し云々するなんてのは、全国合唱コンクール優勝を目指す中学校の熱血音楽教師くらいしかできない取り組みであろう。
 一方、演奏者の性格や思想や生活態度が「音」に表れないというのも間違いである。個人レベルでもそうだが、集団となればなおさらで、オケのメンバーがブラジル人ばかりの《第九》と日本人ばかりの《第九》とではやはり聴く者は違いを知ることだろう。
 その意味で、防衛医大の学生およびOBという括りは、演奏の質を評価するにあたって無視できない要素であると思う。「集団行動、規則正しい生活、礼儀作法」によって培われたマトリョーシカの音楽は、客席に――とりわけ高齢者層に――好印象を与えることに楽々と成功している。
 そこにプラスして、陸上自衛隊をこの3月に退職し今は民間の病院に勤務しているという指揮者・森川慶のタガがはずれたような熱演と、クラリネット奏者の高い技巧と感性のしなやかさがもっぱら目を(耳を)引いた。
 
 「運命」をテーマにし、派手でドラマチックなイタリアオペラ(ヴェルディ)にはじまり、可憐で優美なフランス組曲(フォーレ)で休憩入り、そして荘厳で人気高いドイツ交響曲(ベートーヴェン)でしめくくるプログラムの構成も上手いと思う。
 惜しむらくは、管弦楽の人数(50名強、うちヴァイオリン15名)に比べてホール(2002席)が大きすぎる。せっかくの素晴らしい音響効果が生かされないのはもったいない。特にベートーヴェン『運命』は、弦の響きがホールの壁まで十分届かず、客席前半分で鳴っているという印象を受けた。もう一回り小さなホールで聴きたかった。

マトリョーシカ 005
 


● モンロー風ヴィオレッタの功罪 オペラライブDVD:ヴェルディ『椿姫』(佐渡裕指揮)

収録:2003年、エクサンプロヴァンス音楽祭(フランス)
キャスト
ヴィオレッタ: ミレイユ・ドランシュ(ソプラノ)
アルフレード: マシュー・ポレンザーニ(テノール)
ジョルジョ・ジェルモン: ジェリコ・ルチッチ(バリトン)
指揮: 佐渡裕
演出: ペーター・ムスバッハ
管弦楽: 国立パリ管弦楽団

 
 舞台のライブ収録にあとから映像処理を施して、一個の映像作品となっているところが特徴である。
 これは、はじめは上記音楽祭での上演をテレビとラジオで生放送で流す予定であったところが、フランス全土で技術スタッフたちのストライキが起きたため当公演も中止に追い込まれた。急慮、別撮りで舞台の収録を行い、然るべく編集してテレビ放映に間に合わせたという経緯によるためらしい。
 実際の舞台上の演出(美術・照明含め)に加えて、テレビゲーム的な加工処理が施してある。
 たとえば、暗い舞台のあちこちの空間に瞬間的に現れては消えるオーロラのような色彩の氾濫であるとか、撮影カメラに水滴をつけて、あたかも夜道をドライブしている視聴者の車のフロントガラスに雨粒が降りかかっているように見せて、行く手に広がる暗闇の中で「椿姫」のドラマが演じられているように思わせるとか。凝っているのである。
 その企みが、どこまで成功しているかは意見の分かれるところであろう。

 舞台全体が、ヴィオレッタの回想という形をとっているのは、さほど珍しいことではない。
 第3幕で病床にいて死を間近にしたヴィオレッタが、高級娼婦としての華やかな享楽の日々とアルフレッドとの運命的な出会いを思い起こす(第1幕)。二人で過ごした田舎での楽しい日々がジョルジュ・ジェルモンの来訪によって打ち砕かれ、二人の愛はアルフレッドの早とちりによって破綻する(第2幕)。こうした不器用で純粋な恋愛のいきさつを、アルフレッドの到着を今か今かと待ちわびながら、ヴィオレッタは反芻する。
 この場合、第一幕始まりの物悲しい前奏曲の部分で、病床の青白い顔したヴィオレッタがいったん登場するのが通例である。そして、軽やかで気持ちを引き立てる舞踏会のメロディのはじまりと共に、ヴィオレッタは美しく飾り立てた高級娼婦に変貌する。
 
 しかるに、どうもこの演出における‘回想するヴィオレッタ’は病床にいるようには思えないのである。
 むしろ、死後、成仏できずにこの世とあの世の間をさまよっている浮遊霊としてのヴィオレッタによる回想(=この世への執着)というように感じられる。
 一つには、ヴィオレッタの衣装が最初から最後まで変わらないからであり、そのスタイルは誰がどう見たって『七年目の浮気』で胸元も露わな白いドレスを着たマリリン・モンロー。そのうえ舞台のモンロー=ヴィオレッタ(ミレイユ・ドランシュ)は、終始精神不安定の様相を示している。睡眠薬の大量服用により自殺した(謀殺説もある)モンローが成仏できずに夜の道を彷徨っている。そんな連想が浮かんでくるのである。
 今一つ。舞台上にたびたび夜の道路の映像が映し出される。フランスの実際の道路だと思うのだが、その中にどうもダイアナ王妃が事故死した(暗殺説もあり)パリのアルマ広場の下のトンネルと思しき映像が差し込まれる。ダイアナ妃が成仏できずに夜の道を彷徨っている。そんなイメージが浮かんでくるのである。
 ヴィオレッタ=モンロー=ダイアナ妃の三位一体の‘悲劇のヒロイン’が、この世と愛する者とへの未練が断ち切れず、霊界にいて同じドラマを飽きることなく何度も繰り返している。
 そんな解釈で見たときに、ヴィオレッタ以外の登場人物もまた、生命力と生き生きした感情を持った人間のようには到底見えず、不気味な衣装と毒々しいメイキャップに仮面のような無表情な面差しをして、光の射さない暗がりの中、呪文のように歌っている姿に了解がいく。演出全体の悪夢のような暗さ、不気味さ、不吉さに納得がいく。

 幽界の「椿姫」――。
 面白い趣向、興味深い演出だとは思う。
 
 が、人間ドラマとして観た時に、やはり暗すぎて気が滅入る。出演者の感情も抑制されてしまい、せっかくの数々のドラマティックな歌が空疎に聞こえる。(中年男のぎらついた性欲を漂わせたジェリコ・ルチッチのジェルモンをのぞけば。) せっかくの我らが佐渡裕の指揮も、これでは本領発揮とはいくまい。
 なにより、主演のミレイユ・ドランシュは声が弱すぎる。コロラトゥーラの聞かせどころである第1幕はまだよいが、ドラマティックな表現が要求される第2幕以降が悲惨なことになっている。そもそもが椿姫を歌える声の持ち主ではない。それを、「このヴィオレッタは人間でなく、あの世の人だから」という理由で免責することはできない。歌はオペラの命なのだから。

 斬新な演出が行き過ぎて、歌手と指揮者とオケと台本作家と作曲家の美点を活かしきれなかった、すなわち作品の魂を台無しにしてしまった、悪い見本のようなライブである。(ストライキに感謝すべきかも・・・)


 



記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文