ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

増井信貴

● 精巧にして生硬 : 首都大学東京管弦楽団スプリングコンサート

 
多摩センター 005


日時 2017年5月27日(土)14:00~
会場 パルテノン多摩大ホール(東京都多摩市)
曲目
  • チャイコフスキー/歌劇『エフゲニー・オネーギン』よりポロネーズ
  • ライネッケ/フルート協奏曲 作品283 
  • ブラームス/交響曲第2番 ニ長調
指揮 増井 信貴
フルート独奏 吉岡アカリ

 立川駅から多摩都市モノレールに乗って多摩センター駅に向かう。

多摩センター 001
 

 首都大学東京管弦楽団は2回目となる。前回はピアノ協奏曲の独奏者・三輪郁の素晴らしい音色に、コンサート全体がもっていかれたような感があった。今回はフルート協奏曲である。どうなることやら。
 会場は8割がた埋まった。

多摩センター 002


 華があり活気もある一曲目は、コンサートの開始におあつらえ向きである。団員たちの若さゆえの華と活気がそのまま演奏に注ぎ込まれて上々の滑り出しであった。
 二曲目のカール・ライネッケは北ドイツの音楽家。作曲家であると同時に、ピアニスト、教育者としても活躍したそうだ。ロマン派の最盛期からその終焉までの時代を生きた彼の曲は、まさにロマン派の香りが馥郁と漂っている。徹頭徹尾、叙情的。
 フルート協奏曲というのを生で聴いたのははじめてであった。フルートは、人の声質で言ってみればコロラトゥーラ・ソプラノに近いものであろう。軽やかできらびやかで技巧的で美しい。吉岡アカリ(女性ではありません。♂です)のテクニックは実際見事なものであった。普段このオケの管トレーナーをつとめているためもあろう。オケとの相性も悪くない。
 漫画『美味しんぼ』(原作:雁屋哲、作画:花咲アキラ)で、寿司のネタとシャリのバランスについての話がある。高級のトロと中級の酢飯の組み合わせよりは、中級のトロと中級の酢飯の組み合わせのほうが結果的に美味しく感じるといった話である。それと同じで、協奏曲というのは独奏者とオケのバランスが大切なんだなあと知った次第である。

 最後のブラームスは熱演にして好演であった。「ブラボー」も出たし、拍手も大きかった。どうしてアンコールに応えなかったのか不思議である。
 
 それはさておき、これでブラームスの全交響曲(4つ)を生で耳にしたのであるが、「精巧にして生硬」という印象を持った。楽曲の構成や和声やオーケストレーションなど技巧面ではケチのつけようのない高みにいる。それは間違いなかろう。ベートーヴェンを見事に吸収している。この点では、噛めば噛むほど味わいが増してくるスルメのように、ブラームスの交響曲は聴く回数を増すほどに、新たな発見のあることだろう。通好みというのも分かる。
 一方で、生硬で面白みにかける。ブラームスはロマン派の代表選手のように言われるけれど、全然‘ロマンティック’ではない。チャイコフスキーやサン=サーンスやマーラーと比べると歴然である。
 その原因としてソルティが実感するのは、「ブラームスの交響曲には‘起承転結’の‘起’と‘承’だけがあって‘転結’がない」。
 楽章の中に用いられている主題を聴けば、それは明白であろう。メロディ展開として、‘起’と‘承’が提示されたあと‘転’に行くかと思ったら、行かずにまた‘起・承’に戻るのである。‘起・承’が何度も繰り返される。繰り返すごとに豊かに緻密になってゆくオーケストレーションは天才の名に恥じないものである。が、‘転’がないことが聴く者に視野の広がりをもたらさない。
 主題の場合と同様、楽曲全体にも‘転’がない。ところが、第4楽章に‘結’はある。たとえば、交響曲第1番と第2番の第4楽章は、ベートーヴェン第5番や第9番同様、「歓び」を歌っている。「苦悩」から「歓び」へ。‘結’らしい‘結’である。
 しかるに、‘転’がない‘結’は、聴く者からすればいかにも唐突であり、生硬であり、作曲者の内的必然性から生まれたのではなく、形式を整えただけというふうに聴こえる。つまり、最終的に「歓び」に至った心的履歴が了解されない。
 では、‘転’とは何だろう?
 ソルティが思うに、それは「忘我」であり「他者」ではないか。
 「自分」とは異なる「何者か」に圧倒的に惹きつけられ、支配され、打ち壊され、陵辱され、自己を明け渡す経験ではないか、と思うのである。営々と積み上げてきた「自己(=起・承)」が、他者の出現によって不意に崩壊し、大いなる愛のうちに溶解する。すべてが許される。
 その場合の「他者」は、神であったり異性であったり同性であったり子供であったり自然であったり神秘体験であったり・・・・いろいろであろう。
 「歓び」が生まれるとしたら、そのアダージョ的な溶解のたゆたいの縁から日常へと立ち戻り、古き自己(=起・承)を新たな目で見つめなおしたときの清新さから来るのではなかろうか。
 ブラームスの音楽には忘我が見当たらない。
 むろん聴く者にも忘我を許さない。 

 やっぱり、ストイックな男だったのか・・・。 


多摩センター 003




● 百済観音のような :首都大学東京管弦楽団 第55回定期演奏会

20161113_213213


日時 2016年11月12日(土)15:30~
会場 オリンパスホール八王子
演目
  • J.シベリウス/「カレリア」組曲
  • ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番ハ長調
  • ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」ホ短調
指揮 増井信貴
ピアノ独奏 三輪郁

 10年以上前に八王子市に住んでいた者にとって、JR八王子駅南口の開発ぶりには目を見張るものがある。当時、改札を出るほとんどの人は発展している北口に向かった。南口に向かうのはハローワークに行く失業者(ソルティ含む)のみに許された特権、という感じだった。
 バブルから取り残されたさびれた田舎町のたたずまいが、今となっては懐かしい。

首都オケ20161112 002

首都オケ20161112 001


 地上41階、高さ158メートル、中央線沿いの山々に登ったときに八王子駅の位置を速攻教えてくれるランドマークとなった「サザンスカイタワー八王子」は、公共施設や商業施設、住宅を収容した複合施設である。「オリンパスホール八王子」はこのビルの低層部にあって、2021の座席数を有する多摩地区最大のホールである。
 このホールがほぼ満席となったのだから、首都大学東京管弦楽団の動員力はたいしたものである。(なんとなくクラシック音楽ファンが増加しているような気がする。フィギュアスケート人気の影響だろうか)

 今回はなんと言っても、プロピアニスト三輪郁(みわいく)の技量の高さに尽きる。
 運指などのテクニックはプロである以上完璧なのは当たり前であるが、音色(おんしょく)とタッチとそれらを背後で支える音楽的感性が飛びぬけている。プロフによると、代々音楽家の家系に生まれたという。‘血は争えない’ということだろうか。
 その演奏は、上質の絹のような光沢となめらかさ、清冽な小川の喜ばしいせせらぎ、昼下がりの木漏れ日のきらめき、引っくり返した宝石箱の豪華絢爛、寄せては返す波に崩れゆく砂の城、百済観音のスレンダーにして女性らしい柔らかな物腰・・・・と、ソルティの貧しい表現力ではとうてい言い表せない。
 正直、「このピアノ演奏だけをずっと聴いていたい」と思ったほどだ。

 オケの学生たちもこの天恵のごとき幸福な共演から、多くのことを学んだことだろう。
 いや、学ばなくては罰が当たる。
 百済観音の・・・。
 

首都オケ20161112 004



記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文