ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

昭和キネマ横丁

● Mの支配力 映画:『獣の戯れ』(富本壮吉監督)

 1964年大映。

 昭和キネマ横丁の一本。
 原作は『愛の渇き』同様、三島由紀夫。読んでいないが、中年夫婦と青年の奇態な三角関係を描いたドラマである。
 身体&知的障害を負った夫と美貌の妻、その妻を慕う若さ溢れる男の共同生活というと、どうしたって『チャタレイ夫人の恋人』を連想させる。あるいは、水上勉の(小柳ルミ子の)『白蛇抄』を。
 不能となった夫に満足できない妻は、滝に打たれたり、夜な夜な自ら慰めたり、水浴する若い同居人の逞しい裸体を覗き見したり・・・・。一方、女主人に恋慕する青年は、日夜悶々としながら覗きや下着いじりなどのストーカー行為に励み、最後は性欲に負け獣に堕ちて禁断の垣根を乗り越えてしまう。
 世の男たちのエロティックな妄想を逞しくさせるシチュエーションの一つである。
 しかも人妻を演じるのが若尾文子ときては、オカズになりそうなシーンを期待するなというのが無理というものである。
 しかし、そんなものはないのである。
 
 三島が描きたかったのは、そんな通俗的な直木賞的なテーマでは断じてなかった。愛憎をめぐる人間の不可思議さであり、対幻想に収斂する近代的な男女の関係にはおさまりきれない人間の情と業とプライドと依存と執着と孤独と退屈の物語であったのである。三島の頭の中には、夫一平と自分を慕う早稲田の学生と三者で共同生活した美貌の小説家岡本かの子(岡本太郎の母)の姿があったのではなかろうか。
 女遊びを繰り返す夫に虐げられているように見えながら、最終的には夫も年下の男も手玉に取って自分の思いの性愛関係を作り上げる主人公優子を、若尾文子が美しく、したたかに演じている。
 若尾文子が演じて優れるのは、日本的な耐える女、因習に閉じ込められた女ではない。
 そのように見せかけながら、上手にエゴを貫き通す、したたかな、しかし哀れな女なのである。
 M(マゾ)の支配力とでも言おうか。


 監督の富本壮吉ははじめて聞く名前であるが、土曜ワイド劇場『家政婦は見た』シリーズの第1~6作までを撮っている。家庭内のおぞましき秘密を撮るのはお手のものというわけだ。



評価:B-

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」     

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」「ボーイズ・ドント・クライ」
   
C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!

●  ルリ子、礼讃!! 映画:『愛の渇き』(蔵原惟繕監督)

 1967年日活。
 昭和キネマ横丁の一作。

 三島由紀夫の同名小説の映画化。
 『愛の渇き』は、三島文学の主要テーマである「愛の不毛」「関係の不可能性」を緊密な構成と過不足ない言語表現と渇いた文体のうちに端的に描き切った、三島の数多い小説の中でもっとも完成度の高いものと言える。
 蔵原監督は、適確な脚本と俯瞰撮影に見られるような奇抜なカメラワークとで、原作の持つ抑制された緊張感を映画に移管させることに成功している。
 映画化された三島の小説のうちでは一番良い出来と言っていいのではなかろうか。


 監督の意向に見事に応えたのが浅丘ルリ子である。
 こんなに浅丘ルリ子が凄い演技者だとは・・・迂闊であった。
 むろん、日活のアクション映画のヒロイン(添え物)として石原裕次郎らの相手役をしていたことで軽んじていたわけではない。寅さん映画のマドンナとして一番鮮烈な印象のあるリリーというキャラを作り上げた浅丘を凡庸な役者と思っていたわけではない。蜷川幸雄演出で泉鏡花の‘女’を演じることのできるゴージャスかつ幻惑的な女優は、そうそういない。最近では天願大介監督『デンデラ』で役者根性を見せてくれた。本当に素晴らしい女優である。
 しかし、『愛の渇き』の浅丘は、そういった数々の世に知られた代表作の影を薄くさせるほどの破壊力がある。
 見始める前、この小説の主役・悦子を演じるのは若尾文子か岡田茉莉子か小川真由美ならともかく、浅丘ではちょっと無理があるのではないだろうかという印象を持っていたのだが、なんとも複雑で三島特有の心理学的説明なしに理解し難しいこのキャラを、浅丘は驚くべき直感で肉体化しているのである。なんら過不足ない。

 もう一つ新鮮な驚きは、若き石立鉄男が出ている点である。
 石立と言えば、『パパと呼ばないで』の右京さん(「チーボウ!」)や『赤いシリーズ』でヒロインの前に突如出現する謎の狂言回しのイメージが強いのであるが、ブレークは70年放映の『おくさまは18歳』(主演:岡崎由紀)である。このときからアフロヘアの三枚目として石立はお茶の間の人気者になった。
 『愛の渇き』ではブレーク前の青春そのものの石立鉄男を見ることができる。
 なんとアフロでは、ない!!
 二枚目ではないが、素朴な作男を演じる石立は三島が要求するであろう‘無邪気な、犬のように単純な、健康な肉体性’を発現していて、ヒロイン悦子(=三島由紀夫)を懊悩させるに十分な‘非文学性’を体現している。
 石立は2007年に64歳という若さで世を去った。
 故ナンシー関もしばしば書いていたが、売れている度合いに比して正体の知れぬ不思議な役者であった。
 それだけに無名時代の石立のあどけなさの残る姿には、悦子ならぬともキュンとくるものがある。



評価:B-


A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」     

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」「ボーイズ・ドント・クライ」

C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!


● 藤純子礼讃!! 映画:『日本女侠伝 侠客芸者』(山下耕作監督)

 1969年東映。

 緋牡丹お竜で一世を風靡した藤純子の別シリーズ。
 女博徒お竜の匂い立つ花の如き凛とした美しさはもはや伝説の領域にある。それに比べればキャラクター設定としては弱いものの、やはり艶やかで度胸がよく小股の切れ上がった藤純子がここにいる。
 しかも、今回は芸者役ということで幼い頃から身につけた日舞の腕を惜しみなく披露してくれる。その芸の確かさは、‘女優’という肩書きを恥じることなく振り回す昨今のションベン臭いアイドルあがりを、大部屋の隅っこのゴミ箱あたりまで吹き飛ばす力強さ。実際、こんな芸者がいたら置屋はいくつも蔵が立つであろう。
 相手役の高倉健もあいかわらずカッコいい。カッコよさとは、つまるところ‘ストイック’にあることをこの男ほど教えてくれる人はいない。
 ストイック――すっかり死語になった言葉である。

 東宝、松竹、大映、東映、日活・・・。
 それぞれの制作会社が専用の撮影所を持ち、専属の監督や撮影スタッフ、男優や女優を擁し、映画を量産していた、いわゆる‘撮影所システム’は70年代に崩壊した。
 この作品の制作は69年。まさに撮影所システムが終焉しようとする間際である。
 この映画を見ていると「良心的」「職人技」という言葉が自然と浮かんでくるが、それこそ撮影所システムだからこそ可能だった映画制作技術の蓄積と次世代への教育、すなわち伝統が生きていた証であろう。それを支えるだけの大衆の映画愛が生きていた証であろう。
 映画の輝き。それなくしてはスターも輝くべくもない。
 
 最近レンタルビデオ店に登場した「昭和キネマ横丁」の一作である。




評価:B-

A+ ・・・・・ めったにない傑作。映画好きで良かった。 
        「東京物語」「2001年宇宙の旅」   

A- ・・・・・ 傑作。劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
        「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」
        「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」
        「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」
        「スティング」「フライング・ハイ」
        「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」  

B+ ・・・・・ 良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
        「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」
        「ギャラクシークエスト」「白いカラス」
        「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・・ 純粋に楽しめる。悪くは無い。
        「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」 
        「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」
        「ボーイズ・ドント・クライ」
 
C+ ・・・・・ 退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
        「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」「アナコンダ」 

C- ・・・・・ もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
        「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・・ 駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
        「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・・ 見たのは一生の不覚。金返せ~!!

記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文