ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

秘湯

● 杓子ふたたび、または慈悲の瞑想の効用(鹿留1632m、杓子1598m)

●日程  11月21日(金)
●天気  晴れときどき曇り
●行程
08:40 富士急行線「富士山」駅・内野行きバス乗車(富士急山梨バス)
09:05 内野バス停着
       歩行開始
09:35 送電鉄塔
       道に迷う
10:35 立ノ塚峠
11:35 杓子・鹿留分岐点
11:45 鹿留山頂
12:30 杓子山頂
       昼食休憩
13:50 下山開始
15:15 不動の湯
       歩行終了      
●所要時間 6時間20分(歩行時間4時間20分+休憩時間1時間50分)

 9月30日の挫折を今年中にリベンジすべく、鹿留山・杓子山に再チャレンジ。
 天気は上々。紅葉と富士山の壮麗かつ雄大な景色が楽しめるであろう。
 ・・・と期待したのだが、富士急行線富士山駅に到着したら、ホームから見える神の山は五合目まで雲隠れ。
どうなることか。

杓子山 001

 
 前回より一本早いバスに乗り、歩行開始地点となる内野バス停に着く。
 見慣れた看板、見慣れた風景。
 が、前方に我を待つ鹿留と杓子の山容はすっかり冬バージョン。てっぺんに白く見えるはまさしく雪。そう、昨夕この地域ではみぞれが降ったのである。
 滑らなければよいが・・・。

杓子山 002

杓子山 003


 前回道を間違えた因縁の道路工事現場に来た。
 前回と同じ警備員さんが現場入口に立っている。
「杓子行くの? 雪が降ったから足元気をつけて」
 自分(ソルティ)のことは記憶にないようだ。思い出してもらう必要もあるまい。
 工事は整地が済んで、かなり進展していた。
 前回、誤って入った右手の山道は通行止めになっていた。
 そうだ。この標識が間違いの元。やっぱり、わかりにくい。そもそも分岐点に立っていないのがおかしい。

杓子山 006


杓子山 005


 左手の道を進むと、すぐに右側に送電鉄塔が現れた。
 これが手持ちのガイドブックに載っている(正しい)鉄塔だったのだ。
 今回はもう大丈夫。
 と思っていたら、またしても道を間違えてしまった。

杓子山 007


 森を壊して新しく造られている道路の行き止まりに来て、道は左右に分かれる。
 そこにまたして標識がない!
 左右の道を調べるに、右側の道の真ん中に工事現場によくある立看板が進入をふさぐように置かれている。その先は小暗い森の中に消えている。左側の道は広くて歩きやすそうで、日が当たって明るい。
 左側だろうと見当をつけた。
 敷き詰められた落ち葉の下が石畳なのが若干気になるが、登っていく道の先には鹿留山の頂が望まれる。こちらで良いのだろう。
 水無しダムだか砂防ダムのようなコンクリート建築を左の谷底に見ながら高度を上げていく。
 標識が出てこない。
 どうも変だ。
 こんなダム状の建造物があるなら、ガイドブックで言及しないはずがない。
 リュックを下ろして、ガイドブックを再確認。
 地図を見ると、送電鉄塔の先の雨乞山分岐で道が二つに分かれている。そこで右側に進むとある。左側の道は鹿留山頂の方にまっすぐ向かっているが、途中で切れている。
 ・・・・・・・・・・。
 さっきの分岐点が雨乞山だったのか。
 よく調べない自分も悪いが、あそこが雨乞山だとどうやって知りようか。
 やっぱり、標示が不親切。
 道路工事もいいが、工事により地形が変わり今まであった山道が消えるのだから、建設会社はハイカーのための案内標示に責任を持ってほしい。
 おそらく自分以外にも道を誤るハイカーが多いことだろう。

 雨乞分岐まで戻り右手の道に入る。
 入って少し進んだところに、「杓子山→」の標識があった。
(だから、分岐になければ意味がないんだって!)
 
 と、いらいらしながら歩を進める。
 いけない、いけない。これではせっかく山に来た意味がない。
 休憩して、心と体を休ませる。

杓子山 009


杓子山 008


 熊の看板がある(これだけは親切)立ノ塚峠を通過して、いよいよ尾根道に入る。
 アップダウンが続く。
 左手のすっかり葉を落とした木々の間から富士山が見えるはずなのだが、やっぱり雲隠れ。気がつくと、空一面雲に覆われて、お日様の所在もつかめない。天気予報では晴れると言っていたが・・・。


 鹿留(ししどめ、と読む)の名の由来は、「源頼朝が富士の巻狩りの折、頼朝の臣仁田四郎忠常がこの地で手負いのシカを射止めた」という言い伝えにある。一方、杓子(しゃくし)とはザレ場(崩壊地)を指す言葉だそうで、なるほど杓子山の南西面は大きなザレ場が見られる。
 山頂付近は岩場が多く、それまでのなだらかな山道とは打って変わって、恐怖と緊張と多量の発汗を要するスリリングな岩登りが続く。そのうえ、溶けた雪のために足元が滑りやすくなっている。岩に据え付けられたロープを頼りに、しっかりと手の置き所、足の置き所を確かめながら、よそ見しないで、余計なことを考えないように、一歩一歩登っていく。
 たいへんな作業ではあるが、このくらいの手ごたえがあってこそ山登りは面白い。

 鹿留と杓子の分岐まで来て、ホッと一息。

 雪をかぶった熊笹の道を鹿留山頂に向かう。
 山頂には立派なブナの木がある。いまはすっかり裸だが広葉樹に囲まれた静かな頂。眺望はあまり良くない。

杓子山 010


杓子山 011


杓子山 012


杓子山 013


 さきほどの分岐まで戻って、杓子山頂に向かう。
 道は歩きやすいが、アップダウンが続き、なかなかゴールが見えない。
 いくつかのピークから見える雄大な風景にパワーをもらって邁進する。


杓子山 014


 山頂到着!!

 リベンジしたぞ~!

杓子山 015


杓子山 020


 山頂はそこそこ広くてテーブルとベンチがあり、昼食休憩に最適である。
 なによりも360度のパノラマビューに圧倒される。
 東は、後にしてきた鹿留、御正体を越え、丹沢の山々を。
 南は、石割山の背面に神秘的に光る山中湖を。
 西は、富士吉田市を取り囲む河口湖と湖畔の山々、そしてはるか彼方の南アルプスを。
 北は・・・。
 北が素晴らしい。
 東北から北西にかけて開けているので、中央線と富士急行線の沿線の山々がすっかり見渡せる。
 三ツ峠山、本社ガ丸、尾崎山、高川山、鶴ガ鳥山、九鬼山、高畑山、百倉山、扇山、権現山、生藤山、陣馬山・・・。
 自分がこれまで登ってきた山々がなんだか総集編のように勢ぞろいして、箱庭の粘土細工の山のように可愛らしく並んでいる。それぞれの山と富士山との位置関係もすっかり把握できる。
 これら中央線沿いの山々を囲繞するは、奥多摩・奥武蔵の山々、大菩薩嶺、甲府の山々、そして北アルプス。
 北の空は晴れていて、空気が澄んでいるので、遠くまですっきりと見渡せる。
 一方、南の空は一面厚い雲だらけ。
 目の前に大きく見えるはずの富士山が残念ながら見えない。一つの雲の塊が風で流れても、東からまた分厚い雲が次々と押し寄せてくる。どう見ても今日はお姿拝見ならぬようだ。
 正午を過ぎた太陽も、たまに雲間から覗き込む程度。日陰になった山頂は思いのほか寒い。


杓子山 016

杓子山 019


杓子山 024


 空いているテーブルとベンチで昼食をひろげる。
 おにぎり(昆布と梅干)、いわしの缶詰、ゆで卵、ホウレン草とニンジンと油揚げの炒め物、お茶は冷たいのを入れてきたが熱くてもよかった。

杓子山 018


 ここまで途中出会ったのは、トレイルランの男性一人、カップル一組だった。杓子山頂では二組の夫婦と会った。自分を入れて都合7名。静かな山歩きだった。
 紅葉を見るにはちょっと遅かったようだ。
 一方の目的である富士山だが・・・

杓子山 021

 
 山頂にいた二組の夫婦はしばらくの滞在後、あきらめて下山して行った。
 この厚い雲の大軍を動かし、ちょっとでも山頂を覗かせるには、厩戸の王子か空海かモーゼのような超能力が必要だ。
 いくらなんでもこの空模様では無理だろうと思ったけれど、慈悲の瞑想を行なう。
 
 上座部仏教に伝わる慈悲の瞑想は、その効用として次の11が挙げられている。
1. 安眠できる。
2. 安楽な目覚めが得られる。
3. 悪夢を見ない。
4. 人に愛される。
5. 人間以外の存在(神々)にも愛される。
6. 神々によって守られる。
7. 天災や人災を免れる。
8. 心の統一が容易となる。
9. 晴れやかで明るくなる。
10. 良い死に方ができる。
11. 死後、梵天界に再生できる。

 これに自分はいま一つを付け加えたい。
12.天候を味方につけることができる。


 これまでにもいろいろな山行きで、悪天候とは言わないまでも雲行きが怪しいときに、自分は慈悲の瞑想を行なってきた。それによって、何度も雲の流れが変わり、天候が回復したり、雨が降るタイミングが上手い具合にずれたりふいに霧が晴れて見事な景色が現れたり、という経験をしてきた。
 これまではそれを半ば冗談まじりに扱っていた。たんなる偶然だろうと受け取っていた。
 しかし、今回ばかりは偶然にしてはできすぎる。
 誰がどう見たって、富士山を拝められるような状況ではなかった。
 幾重もの屏風と御簾とで姿を隠したかぐや姫のような状態だったのである。
 いくら待っても雲が途切れる時が来るとは思えなかったのである。
 山頂に一人きりになって慈悲の瞑想をしてからわずか5分後、驚いたことに、まず太陽が顔を出した。そして、五合目までを覆っていた厚い雲がなんと上下に(!)分かれたのである。
 富士山の前面の雲だけが、上と下にきれいに分かれて、その雲が造る額縁の間から山頂がひょいと顔を出した。
 こんなことがあるのだろうか!

杓子山 023

杓子山 022

杓子山 028

 
 不思議がっていても仕様がない。
 シャッターチャンスとばかりカメラを向けたが、逆光である。どうやってもデジカメの画面に光の柱が縦に入ってしまう。せっかくのチャンスなのに・・・。
 と、何たることか。
 上に舞い上がった雲が触手を伸ばすように太陽を隠したのである。

杓子山 029

杓子山 030

 
 もうこのくらいで十分と思うだけ撮りまくって、下山開始した。
 山頂を離れること正確に10分、富士山は再びすっかり雲に覆われてしまった。
 その後、下山するまで雲が晴れることはなかった。
 この日、杓子山頂から富士山をきれいに眺めることができたのは、おそらく自分一人だったろう。
 
 慈悲の瞑想、おそるべし。
 
 不動の湯は、アトピーはじめ皮膚病に効くというので有名である。
 全国から皮膚病に悩む人々が訪れるらしく、旅館の傍らにある湧き水をポリタンク容器で汲みに来る人が連日あとを立たない。NHKでも「全国指折りの良質の湯」と紹介されたことがあるそうだ。
 旅館の裏には硯水不動尊が祀られている。
 例によって弘法大師がらみの逸話が残っている。興味のある人はこちらへ

杓子山 034


杓子山 035


 日帰り入浴1000円のところ、もう時間が遅いから500円にまけてもらった。(慈悲の瞑想の効用4)
 浴室はアトピーの人用と一般客用とに別れている。造りは特に凝ったところもない普通の室内風呂である。無色透明の単純泉。匂いもない。
 湯船に浸かって目が覚める。
 水の力がはんぱない。
 他に入浴客がいるのもはばからず、腹の底から思わず「ああ!」と声が出る素晴らしさ。
 これは一度入ったら、やみつきになる。
 山登りの疲れが一気に吹っ飛んだ。
 
 隣で浸かっている70がらみの人と会話する。
 聞くと、この温泉を守るボランティアをしているとか。地元の人である。
 「この水は本当にすごいよ。マイナスイオンが豊富で、汲んでから10年間は絶対に腐らない。保健所の人が調査に来ても雑菌でひっかかったことがない。」
 富士山系の水ではなく、杓子山の山腹からここだけ湧いているとのこと。鉱泉であるから源泉は冷たい。冬はマイナス10度を下回ることもあり、当然凍る。温泉は源泉を湧かしたものなのである。
 旅館の受付には、昭和59年1月1日(30年前!)に汲まれた水が、一升瓶に入って置かれていた。
 たしかに澄んでいる。

杓子山 036

 
 旅館にはふもとの町から日帰りのばあちゃん連中がたくさん来ていた。
 マイナスイオンの効果で若返って陽気にはしゃぐばあちゃんたちと、旅館のバンに同乗し、富士山駅まで送ってもらった。
 富士山駅で名物吉田うどんを食べ、心も体も胃袋も100%富士吉田を満喫した幸福な一日を終了した。
 

杓子山 038



 生きとし生けるものが幸福でありますように。



 


● 紅葉と秘湯のパラダイス・奥鬼怒(八丁湯、鬼怒沼湿原2,030m)

日本の秘湯 八丁湯は「日本秘湯を守る会」が発行する冊子『日本の秘湯』に載っている。通人が選ぶ秘湯中の秘湯にして名湯である。実際、この冊子に載っているいくつかの温泉に足を運んだが(東北が多い)、どこも大自然の中にあるパワーあふれるリフレッシュ効果抜群の温泉ばかりであった。他の温泉、とりわけ観光地化された温泉とは一味も二味も違う神秘的な威力を感じることができる。
 介護の仕事に転職して半年経ったご褒美に、栃木県日光市の山奥にあるこの名湯と、日本で最も高い高層湿原である鬼怒沼に行くことにした。


一日目(10/26) 曇り時々晴れ、夜一時雨

八丁の湯と鬼怒沼湿原 001
●タイムスケジュール
12:38 鬼怒川温泉駅着
13:15 日光市営バス乗車
14:50 女夫渕(めおとぶち)着
15:00 歩行開始
16:30 八丁湯着


 鬼怒川温泉駅の周辺はまだ紅葉していない。駅前のコンビニ&カフェのやたらと元気のいいおばちゃんの話では、山の上は「今が見頃」とのこと。期待しつつ奥鬼怒へ向かう市営バスに乗る。
 バスの運転手の饒舌な観光ガイドを聞きながら、ホテルの建ち並ぶ鬼怒川の雑駁な町を通り過ぎる。幹線道路沿いの閉鎖した旅館の前に捨てられている粗大ゴミの山が興醒めである。
「なんとかしろよ~」

 山の奥へと向かうほどに周囲の木々が紅葉していく。窓外から一時も目が離せない。

八丁の湯と鬼怒沼湿原 002 終点の女夫渕を降りると、壮麗な紅葉の谷間の底を鬼怒川が走っている絶景にしびれる。谷間の鉄橋の上からは、川岸に設けられた露天風呂に浸かっている裸の男女の姿が小さく見えた。なんかデバ亀の気分・・・。



八丁の湯と鬼怒沼湿原 004



八丁の湯と鬼怒沼湿原 005 八丁湯の旧住所は塩谷郡栗山村、2006年に合併されて今は日光市の一部となった。昔は女夫渕から1時間半の山道を歩いていくしかないランプの宿だったのだが、林道ができて女夫渕から旅館の送迎バスが出ている。今日もバスが迎えに来ていたのだが、やはりはるばる歩いて辿り着いてこその秘湯である。迷わず「歩いていきます」と宣言する。

 山道は最初のうちこそきつい上り下りが続くが、鬼怒川にかかった大きな吊り橋を渡ると、川沿いの平坦な道となる。紅葉と清流を愛でながらの気持ちのいいウォーキング。気分がいい時の癖で、オペラのアリアが口をついて出る。
 きっかり90分で八丁湯到着。


八丁の湯と鬼怒沼湿原 007


 鬼怒川のほとり、きれいなログハウスの立ち並ぶ気持ちのいい施設である。玄関前の二本のもみじの紅と黄色の鮮やかなる協奏に遠路の疲れも吹き飛ぶ。
 宿帳を書きながら「日本秘湯を守る会」の提灯を確認する。

   八丁の湯と鬼怒沼湿原 014  八丁の湯と鬼怒沼湿原 009 

八丁の湯と鬼怒沼湿原 008八丁の湯と鬼怒沼湿原 011

 案内された部屋は、川に一番近いログハウス。広くて清潔であたたかみがあり、窓からの眺めは言うことなし。「おひとりさま」で使うとは、この上ない贅沢である。
 一服して露天風呂に直行。

 ここの露天の素晴らしさは、目の前の山肌を落ちる滝を見ながらお湯に浸かれるところである。滝壺の真上に温泉があるのだ。気持ちよくないわけがない。泉質は無色透明の単純泉、源泉温度53度、湯ノ花が浮き沈みし、軽く硫黄臭の漂うやわらかいお湯である。だが、このお湯の力強さの前では泉質がどうのこうなんて関係ない。入った瞬間に「ああ!」と思わず声が出る凄さである。一瞬にして、心と体が別次元に運ばれる。この瞬間のためだけでも来た甲斐があった。

八丁の湯と鬼怒沼湿原 012


 
 旅館に着いた時曇っていた空は、夜に崩れて雨となった。
 明日は山登り。どうだろうか?



二日目(10/27) 曇り一時晴れ


八丁の湯と鬼怒沼湿原 040●タイムスケジュール
07:45 八丁湯出発
      歩行スタート
08:45 オロオソロシの滝展望台
10:10 鬼怒沼湿原着
      休憩(40分)
11:30 鬼怒沼湿原出発
12:30 オロオソロシの滝展望台
13:30 加仁湯着
      露天に浸かる(30分)
14:15 八丁湯着
      歩行終了

●所要時間 6時間30分(歩行時間5時間+休憩時間90分)


 5時半起床。瞑想して朝風呂に浸かる。
 朝食を済ませチェックアウト。
 曇っている、というより靄(もや)が立ち籠めている。途中、降るかもしれないのでレインウェアをつなぎの上に着る。準備体操をして、いざ出発!

 鬼怒川を遡って加仁湯(かにゆ)、日光温泉を過ぎて登山道につく。いよいよ靄が濃くなってゆく。
 川から離れるにつれて登りが険しくなっていくが、思ったほどではない。
 八丁湯と鬼怒沼湿原との標高差は726m、これを150分かけて登るのは、東京の高尾山が約400mを90分かけて登るのと比較すれば、たいした急勾配ではない。登山道の入口付近に「遭難者・行方不明者多数。山道をあなどるな。」などという立て看板がいくつも現れるので、ちょっと緊張したのだが、おそらくこれは温泉目当てできた客がハイキング気分で十分な装備もなしに「湿原に行こう」と思い立って痛い目に遭うのを防ぐためだろう。あるいは、本当に危険なのは、急斜面や岩場よりも、湿原ならではの霧なのかもしれない。オロオソロシの滝展望台では、向かいにあるはずの山も滝もまったく見えなかった。

八丁の湯と鬼怒沼湿原 020 楡、柏などの広葉樹林が、杉やアスナロなどの針葉樹林となって、傾斜が次第に緩やかになっていく。シラビソと笹藪の林に入るとすっかり高原の雰囲気だ。板の歩道が始まって、ゴールの近いことを告げる。
 ぱっと視界が開けて鬼怒沼湿原!

 と言いたいところだが、林を抜けて現れたのは文字通り五里霧中の湿原であった。木道が5メートル先で消えている。周囲にあるはずの山も、大小250あるという池も白く重たい霧のカーテンに隠れている。グループで来た人々の話し声が近いところから聞こえるが、姿は見えない。
 木道を踏み外さないように慎重に歩いていると、まるで夢の中の景色のような、あるいはこの世とあの世の狭間に迷い込んだかのような、不思議な気分がしてくる。幽玄というのだろうか、夢幻というのだろうか。能の舞台としてなら完璧だ。
 この木道ははたしてどこに続いているのだろうか。
 現世に無事戻って来られるのだろうか。

   八丁の湯と鬼怒沼湿原 016 

   八丁の湯と鬼怒沼湿原 017

 これはこれで味わい深いけれど、せっかく2時間半登ってきたのだ。やっぱり少しは広大な湿原の爽やかさも味わいたい。
 そう思って祈ってみることにした。慈悲の瞑想をして、霧を振り払うようにステッキを空中でぐるぐると回す。


 えっ!?
 ま、まさか。
 5分もするとサーッと霧が晴れてきたのである。


八丁の湯と鬼怒沼湿原 019


八丁の湯と鬼怒沼湿原 025


八丁の湯と鬼怒沼湿原 022

八丁の湯と鬼怒沼湿原 026


 目の前に現れたのは、穏やかな晩秋の湿原の風景。
 一面の芝紅葉の中を遠くまで伸びる二筋の木道。
 針葉樹の林とその背後に静かに鎮座する紅葉の山々。
 地上から天に舞い上がった雲の連なりとその合間からついに顔をのぞかせた秋の遠い青空。
 刻々と姿を変える空合いを鏡のように映し出すあちこちのコバルトブルーの池の面が、乾ききった芝紅葉の色合いと見事なコントラストを成しながら、控えめに照り輝いている。

 お天道様、ありがとう。これも半年間、糞尿と汗にまみれて頑張ったおかげでせうか?


 人影少ない鬼怒沼湿原を逍遙すること80分。
 湿原の入口に戻ったとたん、ふたたび霧が後方から押し寄せてきた。
 しばらくして振り返るとまたしても湿原は靄の中にかき消えてしまった。


八丁の湯と鬼怒沼湿原 029

 

 
 下りは来た道を戻ることもあって気楽。足も軽い。
 高度を下げるに連れて靄が晴れてきて、行きは見えなかったオロオソロシの滝がすっかり全貌を現した。
 八丁湯からほぼ同時に出発し、途中何度も抜きつ抜かれつしながら歩いてきた中年の夫婦とまたここで一緒になった。お互いの「普段の行いの良さ」を讃え合う。

八丁の湯と鬼怒沼湿原 030


 陽の光のもとに見る紅葉は、燦然たる効果を谷間に生み出している。
 誰のためでもなく、人のためでもなく、なぜにこれだけ美しくある必要があるのだろう?
 いや、人はなぜこれを「美しい」と感じるのだろう?

八丁の湯と鬼怒沼湿原 032



 行きは通り過ぎた加仁湯に立ち寄って乳白色の露天風呂に浸かる。谷を挟んだ向かいは常緑樹と紅葉からなる色彩のシンフォニー。

八丁の湯と鬼怒沼湿原 037

八丁の湯と鬼怒沼湿原 036



 すっかりリフレッシュして八丁湯に戻る。
 宿の犬たちが尻尾を振って出迎えてくれた。


 八丁の湯と鬼怒沼湿原 010

 帰りは宿のバスを利用する。
 山の高いところを走る林道から、山々の全景を眺める。
 全山燃えるようである。
 神の手によって色を配合されたつづれ織りの絨毯。

 女夫渕のホテルでカレーうどんを食べる。山間の午後3時はやはり冷える。
 バスに揺られながら、もはや窓外の紅葉にも目もくれず、鬼怒川温泉まで惰眠を貪る。

    このたびは 幣も取りあえず 手向け山 
    もみじの錦 神のまにまに        (菅家)

八丁の湯と鬼怒沼湿原 041



  






記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文