ソルティはかた、かく語りき

東京近郊に住まうオス猫である。 半世紀以上生き延びて、もはやバケ猫化しているとの噂あり。 本を読んで、映画を観て、音楽を聴いて、芝居や落語に興じ、 旅に出て、山に登って、仏教を学んで瞑想して、デモに行って、 無いアタマでものを考えて・・・・ そんな平凡な日常の記録である。

自閉症

● 本:『ぼくはアスペルガー症候群』(権田真吾著)

2014年彩図社発行。

 コンピュータ業界で働くアスペルガー症候群の42歳の会社員の手記である。
 
アスペルガー症候群とは、自閉症の中で知的発達の遅れがないものをいう。人づきあいが苦手、場の空気が読めない、冗談が通じないといった特性はあるが、知的な面での発達の遅れがないため、ほとんどのケースで「ちょっと変わったヤツ」と言われるくらいで、見過ごされてしまう。(本書より)

 自閉症の存在自体、世間に知られるようになったのはここ20年くらいのこと。それですらまだ、「心の病」「親のしつけが悪い」といった誤った見方をされがちな現状、いわんやアスペルガー症候群はまだまだ認知度が低い。名前だけからすると「ウルトラ怪獣の仲間?」といった風情すらあるが、アスペルガーという呼称は世界初の症例報告をしたオーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーに由来している。
 
 著者が自らをアスペルガー症候群ではないかと疑い、専門外来を受診し、診断を受けたのは40歳になってから。この手記を出版する2年前のことである。当事者ですら病識が持ちにくいところにこの病の特徴の一つがある。
 著者は半生を振り返って「そう言えば…」と思い当たるさまざまな子供の頃からのエピソードを記している。
 友だちと遊ぶより一人で図鑑を読んでいるほうが好きだった、言われたことを字義通りに受け取って融通が利かず人を困らせた、クラスの仲間と波長が合わず自分の主張が通らないとかんしゃくを起こした、その場の空気が読めずに結婚式の二次会で大はしゃぎして顰蹙を買った、職場で同じ間違いを何度も繰り返し上司から叱られた・・・・・。
 このようなエピソードは、たしかにその人の性格や能力の問題とみなされてしまう。良くて「あの人はああいう人だから…」で大目に見てもらえるくらいで、競争原理や集団原理が働いている学校や職場などではどうしたって浮いてしまう。結果、教師や上司から目をつけられ叱られる対象になるか、仲間から白い目で見られたり、最悪の場合いじめの対象になってしまう。よもや先天的な脳の障害だとは誰も思わない。
 本人がいくら努力したところで、今の医学では根本的に治しようがないのだから、不条理な話である。
 当人や周囲に病識があればまったく状況は違ってくる。当人はアスペルガー症候群の特徴を自覚して、自らの言動の傾向を把握して予防策や善後策がとれるようになる。何よりも先天的な脳の障害と知ることで、失敗するたびに自らを不当に責めなくても済むようになろう。周囲もまた障害の特質を知ることで、アスペルガーの人はどういったことがNGでどういったことが得意なのか、どういう心持ちでどういう対応をすれば互いに誤解やストレスの少ないコミュニケーションができるのか、どういう指示を出せば一緒に仕事がスムーズにできるのか、いろいろ工夫して共生することができる。
 そういった意味で、当事者によるこの手記は、社会にアスペルガー症候群について啓発する良い資料と言える。

① 空気が読めない(暗黙のルールがわからない)
② 冗談が通じない
③ 人の話が聞けない
④ 思ったことをすぐに口にしてしまう
⑤ 同じミスを繰り返す
⑥ 他人との距離感がわからない
⑦ 計画を立てるのが苦手
⑧ 二つ以上のことを同時にできない
⑨ 特定のことにこだわりが強い(収集癖がある)
⑩ 偏食が多い
⑪ プレッシャーに弱くパニックを起こしやすい
⑫ ビジュアル情報のほうがわかりやすい
⑬ 粘り強さは人一倍
⑭ 手先が不器用である

 本書で挙げられているアスペルガー症候群の特徴を読むと、「ああ、こういう奴(アスペルガーは男のほうが女の4倍多い)、クラスに一人はいたなあ~」とか「職場に馴染めなくてすぐに辞めてしまったあの人はそうだったのかな~」とか、思い当たることがある。
 というより、「もしかしたら自分もアスペルガーかも・・・?」と思ったりする。
 若い頃(20代くらいまで)の自分を思い返すと、上記のうち7割くらいは当てはまる。
 「だから生き難かったのかあ~」
 ――なんて言い訳すると、アスペルガー症候群の人に失礼だよな。
 (いや、マジでほんとにそうなのかも、自分・・・) 

  
 

 

● あまりに映画的な病 映画:『レインマン』(バリー・レビンソン監督)

1988年アメリカ映画。

 ダスティン・ホフマンの‘いかにも上手な’演技があまり好きでなくて、この有名なオスカー作品を観ていなかった。
 社会福祉士養成過程の実習で障害者施設に行くことになり、そこで自閉症の利用者と接することになって俄然興味を持ち、遅ればせながらDVDを借りた。
 むろん、この映画は自閉症患者を描いた作品としてもっとも有名だからである。

 自閉症は、通常生後30ヶ月までに発症する先天的な脳の機能障がいです。 視線が合わなかったり、1人遊びが多く、関わろうとするとパニックになったり、 特定の物に強いこだわりが見られたり、コミュニケーションを目的とした言葉が出ないなどといった行動特徴から明らかになります。 その障がい名から、「心の病気」という誤った印象をもたれがちですが、自閉症は心の病気ではありません。
 自閉症とは、先天的な脳の中枢神経の機能障がいで、自分を取り巻く様々な物事や状況が、定型発達者と呼ばれる私たちと同じようには脳に伝わらないために、 結果として対人関係の問題やコミュニケーションの困難さ、特定の物事への執拗なこだわりを呈するという障がいです。(特定非営利活動法人ADDS-Advanced Developmental Disorders Support-ホームページより抜粋)

 一口に自閉症と言ってもいろいろである。知的障害を伴う人もいれば、通常あるいは通常以上の知的能力をもち社会生活を送っている人もいる。この映画の主人公レイモンド(=ダスティン・ホフマン)のように特定の分野で驚異的な才能を発揮する人もいる。
 最近ではこうしたグラデュエーションのような多様性を表すために、「自閉症スペクトラム障害(Autistic Spectrum Disorder)」と称するのが一般になってきているらしい。
 多様性はあるものの、そこに何がしかの共通した特性が見られるからこそ、「自閉症」という名のもとに統合される。
 共通した特性、すなわち自閉症スペクトラムの診断基準はなにか。
 以下の三つが上げられる。
1.対人関係の形成が難しい「社会性の障害」
2.ことばの発達に遅れがある「言語コミュニケーションの障害」
3.想像力や柔軟性が乏しく、変化を嫌う「想像力の障害」

 レイモンドはまさにこの3つの特徴を兼ね備えている。
 実習先の自閉症患者たちもまったく同様である。「定型発達者」と呼ばれる自分から見れば、一番の特徴と思えるものは、「何を考えているのかわからない」ということに尽きる。彼らの表情や行動から、「いま喜んでいるんだな(手を叩きながら笑顔でそこらじゅう飛び跳ねる)」とか、「いま悲しいんだな(手の甲を噛んで涙を流している)」とか、「いま怒っているんだな(血走った目で壁やいすを何度も蹴る)」とか、「いまパニックに陥っているんだな(自分の両頬を手加減なく血が出るまで叩く)」といった人間の基本的な喜怒哀楽の感情こそ分かるものの、「じゃあ、なんで喜んでいるのか、悲しんでいるのか、怒っているのか、パニックに陥っているのか」が分からない。彼ら自身、それを他者に説明することもできない。
 いや、そもそも彼らにとって「他者」は存在しているのか。

 自閉症患者は、我々「定型発達者」が共有する「物語」を内面化していない、それをもとに生きていない、というふうに見える。
 この映画で象徴的にそれが表れているのは、最後のシーンである。
 アメリカ縦断の車の旅を通して‘心が通じ合った’かに見える兄レイモンドと弟チャーリー(=トム・クルーズ)は、停車場で別れることになる。チャーリーは住まいと職場のあるロサンゼルスに、レイモンドは子供の頃から過ごしてきた施設に--。
 別れの抱擁を終えて、レイモンドは列車に乗り込む。チャーリーは名残惜しそうに、窓際の席に収まった車上のレイモンドを見やる。
 が、レイモンドはすでに無関心に前を見ているだけで、窓外のチャーリーの存在はすでに蚊帳の外だ。レイモンドに対するチャーリーの思いは一方通行。というより、チャーリーが持っている(我々通常の社会人が持っていることが期待される)‘兄弟愛’という物語を、レイモンドはそもそも共有できないのである。
 上記3つの特徴がその通りだとすれば、それは自閉症患者が、「物語」を形成する能力に欠いているということになるのではなかろうか。
 あるいは、こうも言える。
 自閉症患者は、我々「定型発達者」を苦しめている「物語」の呪縛から解放されている。
 本当かどうかは知らん。
 少し前に話題になった当事者の東田直樹の書いたものを読むと、「物語」を理解する能力はすこぶる高い。というか彼はプロの童話作家なのだ。「物語」を理解するどころか、創作できるのだ。
 彼が特別なのか。それとも、自閉症患者は「物語」を十分理解しているけれど、出力が困難(稚拙)だから理解していないように見えるだけなのか。それとも、これもまた多様性のグラデュエーションのどこに位置するかの問題なのか。
 いずれにせよ、「物語」の呪縛からいい加減脱出したい自分にとって、世間一般の「物語」をはぐらかすかのように見える彼らの行動は魅力的に映るのである。 
 
 自閉症患者は、視覚優位の世界に住んでいると言われる。また、通常の人とは幾分違った‘物の見方’をしているらしい。たとえば、景色や物を全体として見ずに、10円玉くらいの範囲の一点のみしか見えていない。規則正しく流れるもの・並んでいるものに惹かれる。(だから列車がすきなのかな?) キラキラしたもの・光るものが好き。
 
 物語からの解放、視覚優位、クローズアップ、列車愛好、光に対する感受性・・・・。
 こうしてみると、まさに映画的感性そのものではないか。
 自閉症患者は世界を「映画的に」見ているのではないだろうか。
 
 『レインマン』において、観る者はたびたびレイモンドの視界を共有することになる。チャーリーの運転するスポーツカーの助手席からレイモンドが見る景色(=ショット)がしばしば挿入される。
 それはまさに自閉症患者の‘物の見方’なのである。と同時に、ダスティン・ホフマンの過剰な演技でつい物語化――兄弟愛という名の―されてしまいそうなこの作品を、すんでのところで‘映画’に引き留めている鮮烈な楔なのである。
 


評価:B+

A+ ・・・・めったにない傑作。映画好きで良かった。 
「東京物語」「2001年宇宙の旅」「馬鹿宣言」「近松物語」

A- ・・・・傑作。できれば劇場で見たい。映画好きなら絶対見ておくべき。
「風と共に去りぬ」「未来世紀ブラジル」「シャイニング」「未知との遭遇」「父、帰る」「ベニスに死す」「フィールド・オブ・ドリームス」「ザ・セル」「スティング」「フライング・ハイ」「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「フィアレス」   

B+ ・・・・良かった~。面白かった~。人に勧めたい。
「アザーズ」「ポルターガイスト」「コンタクト」「ギャラクシークエスト」「白いカラス」「アメリカン・ビューティー」「オープン・ユア・アイズ」

B- ・・・・純粋に楽しめる。悪くは無い。
「グラディエーター」「ハムナプトラ」「マトリックス」「アウトブレイク」「アイデンティティ」「CUBU」「ボーイズ・ドント・クライ」

C+ ・・・・退屈しのぎにちょうどよい。(間違って再度借りなきゃ良いが・・・)
「アルマゲドン」「ニューシネマパラダイス」「アナコンダ」 

C- ・・・・もうちょっとなんとかすれば良いのになあ。不満が残る。
「お葬式」「プラトーン」

D+ ・・・・駄作。ゴミ。見なきゃ良かった。
「レオン」「パッション」「マディソン郡の橋」「サイン」

D- ・・・・見たのは一生の不覚。金返せ~!!



 


● 自分の中の原始人 本:『自閉症の僕が飛び跳ねる理由』(東田直樹著)

2007年エスコアール出版部刊行。
2010年『続・自閉症の僕が飛び跳ねる理由』刊行。

自閉症の僕が飛び跳ね理由
 
 著者は1992年生まれ、千葉県在住の青年。
 重度の自閉症である。
 他人と会話をすることのできない著者が、パソコンを使って自らの内面を語った稀有の記録である。
 ほぼ全編が、著者(自閉症患者)に対する問いと、それについて著者自身の考える答えという形式で構成されているので、読みやすく、自閉症とはどんなものかを理解する恰好のテキストにもなっている。

 自分も昔誤解していた。
 自閉症とは、強度の内気さや引きこもりや鬱の固定化・長期化した症状、あるいは統合失調症のような精神障害の一つと思っていた。ある意味、「幼児期のトラウマ?」的な発想をしがちであった。
 が、自閉症の原因は先天性の脳機能障害、つまり‘生まれつき’ということである。
 だからといって、欝や統合失調症より上等なわけでも、より‘可哀想な’わけでも、より‘社会的支援が当然’というわけではないが・・・。
 どんな病気だろうが、当事者や家族らに接するにあたっては、あるいは公的な場で(ネットも含む)発言するにあたっては、その病気に対する正しい知識が不可欠だというに限る。
 
 この本を読み、自閉症の人の内面の豊かさ、考えの深さ、周囲への気遣いなどに驚くとともに、これまで知らないでいたことを恥ずかしく思った。
 以下、「いいこと言うなあ~、面白いなあ~」と思った問答より引用。

●自閉症の人は普通の人になりたいですか?
 ずっと「僕も普通の人になりたい」そう願っていました。障害者として生きるのが辛くて悲しくて、みんなのように生きて行けたらどんなにすばらしいだろう、と思っていたからです。
 でも、今ならもし自閉症が治る薬が開発されたとしても、僕はこのままの自分を選ぶかも知れません。
 どうしてこんな風に思えるようになったのでしょう。
 ひと言でいうなら、障害のある無しにかかわらず人は努力しなければいけないし、努力の結果幸せになれることが分かったからです。
 僕たちは自閉症でいることが普通なので、普通がどんなものか本当は分かっていません。
 自分を好きになれるのなら、普通でも自閉症でもどちらでもいいのです。

●自閉症の人の楽しみをひとつ教えてくれますか?
 僕らは、みんなに分からない楽しみを持っています。それは自然と遊ぶことです。
 人とかかわることが苦手なのは、相手が自分のことをどう思っているのだろうとか、何を答えたらいいのだろうとか考え過ぎてしまうからです。
 自然は、いつでも僕たちを優しく包んでくれます。

●居心地が良いのはどのような場所ですか?
 僕が望むのは、自分が居ても良い場所があることです。それは自分の好きな物に囲まれた場所だとか、環境が整えられた場所だと思われているのかも知れませんが、僕が望む場所とは、特別なスペースのことではありません。
 一番大切なのは、その場所にどんな人がいるかだと僕は考えています。僕のことをどう思っているか。どのように接してくれるかが重要です。その人が、大切な家族を思うように接して下されば、きっとそこが僕にとって最高に居心地のいい場所になると思います。

 本当の僕は、何の制約を受けることなく、時間という枠を超え、ただひたすら声の限りに叫び、大地を駆けていたいのです。あるいは、音も言葉もない静寂な水の中で、じっと息を殺し、永遠に続く宇宙の鼓動を感じ続けていたいのです。
 なぜ、僕が原始人のような性質を持ったまま生まれたのかはわかりませんが、原始人の見ていた世界を僕は体感していると思います。
 僕は、原始人が現代人より劣っているとは思っていません。現代人がなくしてしまった原始人の素質を僕が受け継いでいると考えれば、少し楽しい気分になります。

 人類の歴史において、あるいは個体としての生育過程において、人は誰もがかつて一時は自閉症であり、成人した今も誰もがどこかに自閉症気質を持っているんじゃないだろうか。
 そんなことを思った雨の日だった。

アジサイと雨







 
 


記事検索
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ソルティはかたへのメッセージ

ブログ管理者に非公開のメッセージが届きます。ブログへの掲載はいたしません。★★★

名前
メール
本文